5年生結果・戦歴 of NPO法人ミハタ

試合の結果/戦歴

5年生 秦野FC交流戦

担当:EBARA
3月15日 おおね公園

2月の分を取り返す?そう簡単には取り返せるものでもないのですが、秦野FCのみなさんに半日お付き合いしていただき、たくさん試合をやることができました(感謝です)

良い面も、悪い面もいろいろ出たのですが、気になったのはゲームへの入り方

特に最初の試合はひどかった

これは以前からの懸案事項

改善できていないということは、指導者含めて大きな問題

アップをある程度選手に任せていることが悪いのか?

他人の手を借りないと、ゲームに入れるレベルのモチベーションを保てないのか?

良い面もたくさんあったので、ネガティブキャンペーンはやめようとは思うが、1つ2つプレーに対しての指摘をすると、それに対してすぐに改善できる素晴らしい対応能力を持っている選手が多い

ただ、裏を返せば自分で気づいて変える力がないのかもしれない

指示待ち人間にはなって欲しくない思いがあるのだが、まだまだ受身な選手が多い

くどいようだが、目指すのは「ジ・リ・ツ(自立、自律)」できる選手

上手い下手なんて大した問題でない



「三流は人の話を聞かない。二流は人の話を聞く。
一流は人の話を聞いて実行する。超一流は人の話を聞いて工夫する。」
羽生善治(棋士)

5年生 FCパーシモン交流戦

担当:EBARA
3月8日 麻生水処理センター

記録的な大雪にみまわれた2月

試合はもとより、ボールを使う練習さえもままならなかった

良い状態か?悪い状態か?と問われたら、100%悪い状態と答えるだろう

ただ、「サッカーを」「試合が」できる喜びをエネルギーに、思い切ってプレーする

1ヶ月ぶりの試合に多くを求めるわけでもなく、それさえできればいいのかな?とピッチに送り出したが・・・

そんな悪い状態の中で対戦するには失礼かなと思える強豪チームの前に、最初は何とか食らいついたものの、最後はすき放題やられボコボコに

ん・・雪が降ったのは相模原や座間だけでなく、川崎にもしっかりとたくさん雪が降り積もったはずだ、いや確実に積もっていた、なのにこの差はなんなんだ?

相手の方が実力も実績も上、ではでは喜びをエネルギーに思い切って・・・

そんな俺たちは「何か」で相手を上回ることができたのであろうか?

技術、体力云々でなく、局面での弱さ、「ビビる」「逃げる」「臆病」「チキン」「怖がり」

場面ごとに出てくるのは、喜びに相反する醜態ばかり

とりあえず、背を向けてのアプローチはいい加減やめにしよう

変えることができるのは「自分の心の中」にきっと存在する「勇気」だけ

「今を戦えない者に、次とか来年とかを言う資格はない」
ロベルト・バッジョ

5年生 FC天神湘南交流戦

担当:EBARA
2月1日 天神小G

「いつか、やりましょう」という約束でしたが、少々強引にねじ込ませていただき、ありがとうございました (また、やりましょう!今度は計画的に)

さて、久々の現地集合、しかも電車で、各自で
心配をよそに誰も遅刻することなく、私が着いた時には既にボールを蹴っていた

いいぞ!ヽ(゚∀゚)ノ! やれば出来るじゃん!

相手の高いラインに苦しんだ試合

相手の戦術にすぐに対応できる機転の利く選手、方や一度や二度じゃまだまだ、何度もオフサイドにかかる工夫もアイデアもない選手(受け手だけの問題でなく出し手もね)

ボールを蹴るのが運ぶのがうまいだけの選手はサッカーがうまいとは言いません

頑張るのは当たり前、何も考えずに体だけ使って頑張っているフリしても認めません

どこに、なぜ、どうして、そこにボールを運ぶ、蹴る、という判断を伴って初めてサッカーにおいてのスキル、もっと言えば個人戦術(状況判断、アイデア)の高い選手、サッカーがうまい選手とはこういうこと

日常の生活の中で、多くのエネルギー(決して時間ではない)をサッカーに費やしている選手はアイデアが沸く、イメージがどこかに隠れている、だからいざという時にとっさに良い判断ができる

空いている時間、ボールを蹴る、映像を見る、走る、体幹やストレッチをする、そしてしっかり勉強もする、そんな努力をコツコツした者に成功と幸運は訪れる(はず)



「二兎を追う者は一兎をも得ず」これはこれでそうかもしれないが・・・?
「二兎を追わないと二兎は得られない!」だろ。なので、俺たちはこれで行こう

5年生 東京ヴェルディ交流戦

担当:EBARA
1月19日 ヴェルディG

何度も懲りずに挑戦するミハタ

何度も懲りずに受けてくれるヴェルディ

手を抜かず、いつもボコボコにしてくれて本当にありがとう

ただ、昨年の夏休みに初めて対戦した時よりスコアは大して変わらないものの、だいぶ「ビビリ」がなくなってきたかな?

「何をしていいかわからない」段階から「何かをしようとして」という感じにもなってきたしね

何かをしようとして失敗するのは仕方がないし、何かができるようになる可能性があること

あいも変わらず、守備のトレーニングをろくにしないコーチのせいで失点は多いが、その割には多少体張れるようになったかな

攻撃に関してはどこかで崩して得点を奪いたかったな~

いつもそんなことしかトレーニングしてないんだから、こだわれよ!

さあ、またボコボコにされに行くか?それとも・・・・・・・

「ノックダウンされたかどうかなんて、たいした問題ではない。大事なのは立ち上がるかどうかである。」
ビンス・ロンバーティ(フットボールの名コーチ)

5年生 SFAカップ

担当:EBARA
1月19日 高田橋

●0-1 相東

強風、砂埃、イレギュラーするピッチ

集中して、練習でやってきたことを出そう、ということを実践するには正直厳しいコンディション

でもね、やろうとしないといつまでたってもできるようにはならない

今日の君達、苦し紛れに蹴ってしまう

今日の試合に勝つためだけが目標であり、目的だったらそれは最高の戦術?かもね

もちろん、勝負の世界だから当然勝つことが最大の目標

その目標に対して、必死に真剣に自分の持ってる力を出し切り、チームに貢献するのはあたりまえ

では、練習で何をしてるの?何にこだわっているの?どこを目標にしているの?

もう一度、しっかりと考えてね

「井の中の蛙」でいいなら、ミハタでPlayする必要はない

攻撃的ないいサッカーをしようとする。

それはいい家を建てようとするのと同じ意味。

ただ、それを壊すのは簡単です。

戦術的なファウルをしたり、引いて守ったりして、相手のいいプレーをブチ壊せばいい。

作り上げる、つまり攻めることは難しい。

でもね、作り上げることのほうがいい人生でしょう。

そう思いませんか?(オシム語録より)


5年生 カナリーニョFC交流戦

担当:EBARA
1月18日 カナフィールド

素晴らしい環境の中、たくさん試合をしていただいたカナリーニョFCのみなさん、本当にありがとうございました

カナリーニョさんの選手たち、ドリブルが非常に上手く、翻弄されました

1対1の局面ではほぼ負け、とくに守備の面では大きな反省材料となりました

ゴールは真ん中しかない、ではどこが一番危ないのか?ではどちらに追い込むことがより有効か?

頭の中ではわかってはいるかと思うが、いざとなると・・・・・

失点の場面、軽すぎだよ

もっと責任感を持って、体で覚えて欲しい

さて、今日の収穫はいつもよりはチャンスの数に対し、得点を挙げる確率が高かったことと、得点を奪った時の崩しが多彩だったことかな?

まあ、ネガティブなことを数えたらキリがないのでね

ポジティブに、前向きに、明るく元気に行きましょう


「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
松浦静山(野村克也)



5年生 小山田SC交流戦

担当:EBARA
1月13日 小山田グラウンド


この場所(小山田グラウンド)に来ると、自分たちの成長度合いが測ることができる

最初に対戦していただいた時よりは多少抵抗できるようにはなったのかなと思う反面、小山田さんはさらにレベルアップしており、なかなか背中が見えてこない

さすがは強豪の集う「町田」でベスト4の常連であり、猫の目のように変わる某市のベスト4より一枚も二枚も上手だ

ボールを動かす、最終ラインからしっかりとビルドアップする、最後は崩すという現代のサッカーでは基本的な、ベーシックなことを要求してきたが、「パスをすればよい」みたいな傾向があることは否めない

選手たちには「爆弾ゲーム」と表現しているのだが、自分が困ったから味方の選手に「はい、どうぞ」では受けた選手はたまったものではない

ひとつのひとつのパスに、メッセージと愛をおくって欲しいものである

小山田SCの皆様、いつも相手をしてくれ、たくさん試合をしてくれ、真剣に試合に臨んでくれて、本当にありがとうございます

囲まれた空間でのトレーニングマッチは集中でき、そして小山田SCの個々の能力、戦術が素晴らしく、小山田グラウンドの門を叩くと勉強になることばかり

今後共よろしくお願い申し上げます

「愛とは、信じ、待ち、許してやること」
スクールウォーズより引用


5年生 SFAカップ vs東

担当:EBARA
1月12日 昭和橋E

○4-0 東

12名をセレクトして臨んだSFAカップ

崩しとフィニッシュの精度、まだまだまだまだ物足りない

ただ、元気に前向きに取り組んでいる姿勢と無失点での勝利は評価できる

メンバー外の選手もたくさん応援に来てくれて、この学年の結束?団結?はなかなかだなと感心もした

仲が良いのは悪いことではないが、馴れ合いや甘えにならないようにね

良き仲間、良きライバルと切磋琢磨して、みんなが成長できれば本望だ

今ははっきりとわからないのは仕方ないが、時には優しく、時には厳しく、そんな関係を築くことができれば生涯の友、一生の財産

サッカーだけの付き合いになってしまうのはもったいない


「僕らは野球選手より年俸は安いけど、好きなサッカーができて、僕らがサッカーをやっている姿を見て共感してくれる人がいるから幸せだなと思う」
中山雅史

5年生 横河武蔵野FC交流戦

担当:EBARA
1月11日 横河電機G

通用する部分は、わずかだがあった

ただ、通用しないことが多すぎた

強くて上手くて速くて、今の段階ではとても歯が立たない

それほど洗練されていて、相手をしていただくのが申し訳なくらいのレベル差

ただ、やってみないと体験しないとわからない差を今は体感できることを感謝しよう

亀のように歩みはのろいが、少しずつ、ちょっとずつ差を埋めるために、必死こいて、汗かいて

何事も今は経験だ

何点取られようと、あしらわれようと、今はたくさん前向きな「恥」をかけ

その「恥」をエネルギーに変えられる人間はやがて花開く


小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
No.1にならなくてもいい
もともと特別な Only one


5年生 常総フェスティバル・チャレンジ8

担当:EBARA
12月21日~23日 取手緑地公園

A、Bの2チームをエントリーさせていただき、ミハタとして初めて常総フェスティバルに参加させていただきました。

8人制県大会を終え、予告通りチームを「ぶっ壊す」こと、個々のスキルアップを目標にA、Bとは建前で、戦力的にはほぼ均等になるように、また3日間で15分1本の試合を15本できることから、一人最低でも10本出場できるように出場機会もほぼ均等になるよう設定しました

チームとしてメンバーを固定し熟成させていくのも強くなる手段かもしれませんが、このチーム(学年)はそれ以前にもっともっとやるべきことがあると考え、改めてレギュラーもサブもAもBもないところから始め、この遠征が新たなスタートと位置づけました

実際、最低10本の出場機会のうち、ほぼ全員が今まで経験したことのないポジションでプレーするなど、メンバーもポジションも固定せずに戦いました

今遠征では私はとやかく言わないようし、アップから昼食の時間、メンバーとポジションの確認、戦術的ミーティングを全て選手達に任せ、ABそれぞれのメンバーで協力し合い、3日間過ごすことをさせました

試合で気づいたことについてはアドバイスを、ピッチ外での粗相には雷を落としましたが、指導してもらうことに慣れすぎ自発的に物事を考えることが苦手な「ゆとり世代」の子供たちにとっては斬新であったと思いますし、少したくましくなってくれたかなと思います

ただ、それを今後に活かしてこそ良い経験であって、活かせなければ無駄遣いとなってしまうということを忘れずいてほしいものです

ちなみに、私は今流行のボトムアップ理論の信者ではありませんので念のため

最後にお招き頂いた常総の皆様、対戦していただいた多くのチームの皆様、今改めて参加して良かったと思える、素晴らしいフェスティバルでした

心からお礼をさせていただくとともに、今後ともよろしくお願い申し上げます

5年生 相東ユナイテッド交流戦

担当:EBARA
12月27日 若草小

茨城遠征、愛川合宿と続き、少々お疲れモードの中で挑んだ2013年最終戦

AチームとかBチームとかポジションとか小さな括りはどうでもいい

「今、その試合に出ているのがベストメンバー」

だから、その場面で100パーセントの力を出すこと、ベストを尽くすことが重要な責務

2つの宿泊遠征(合宿)を経て、なんとなくだがたくましくなった気がする

どんな組合せでも、だれが出ても、ある一定水準のサッカーができるようになってきている

今日の試合、結果的に一つも負けなかったということは、そういうことだ

「成長したな」「上手くなったな」と感じる選手、そんな選手にほぼ共通することは意識や行動の変化が見られること

今までもこれからも口酸っぱく言っている精神的、人間的な成長、「自立」「自律」

いち早く気づき実行した者が、他をリードすることは言うまでもない


心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

5年生 常総フェスティバル・チャレンジ8

担当:EBARA
12月21日~23日 取手緑地公園

A、Bの2チームをエントリーさせていただき、ミハタとして初めて常総フェスティバルに参加させていただきました。

8人制県大会を終え、予告通りチームを「ぶっ壊す」こと、個々のスキルアップを目標にA、Bとは建前で、戦力的にはほぼ均等になるように、また3日間で15分1本の試合を15本できることから、一人最低でも10本出場できるように出場機会もほぼ均等になるよう設定しました

チームとしてメンバーを固定し熟成させていくのも強くなる手段かもしれませんが、このチーム(学年)はそれ以前にもっともっとやるべきことがあると考え、改めてレギュラーもサブもAもBもないところから始め、この遠征が新たなスタートと位置づけました

実際、最低10本の出場機会のうち、ほぼ全員が今まで経験したことのないポジションでプレーするなど、メンバーもポジションも固定せずに戦いました

今遠征では私はとやかく言わないようし、アップから昼食の時間、メンバーとポジションの確認、戦術的ミーティングを全て選手達に任せ、ABそれぞれのメンバーで協力し合い、3日間過ごすことをさせました

試合で気づいたことについてはアドバイスを、ピッチ外での粗相には雷を落としましたが、指導してもらうことに慣れすぎ自発的に物事を考えることが苦手な「ゆとり世代」の子供たちにとっては斬新であったと思いますし、少したくましくなってくれたかなと思います

ただ、それを今後に活かしてこそ良い経験であって、活かせなければ無駄遣いとなってしまうということを忘れずいてほしいものです

ちなみに、私は今流行のボトムアップ理論の信者ではありませんので念のため

最後にお招き頂いた常総の皆様、対戦していただいた多くのチームの皆様、今改めて参加して良かったと思える、素晴らしいフェスティバルでした
心からお礼をさせていただくとともに、今後ともよろしくお願い申し上げます

NEW!5年生 (TRM:8人制)

担当:EBARA
12月27日(金) 若草小学校

相東UFC
相東UFC

PK戦

※コメントは後ほど


5年生 第11回8人制サッカー関東大会 神奈川県予選

担当:EBARA
12月14日 綾瀬スポーツ公園

予選リーグ
●0-2 横浜FマリノスPr追浜
●0-1 葉山JGK
○1-0 鵠南

各地域を勝ち上がってきたチャンピオンチーム、その壁はやはり厚かった

ただ、この場に行かなければ、この場で戦わなければわからなかった未知の世界に足を踏み入れることができたことに多少の意義、意味があったのではなかろうか

思った様にゲームが運べない、もっとできる、大したことはない、もうちょっと、etc
そう思いたくもなるような僅差のゲーム

ただ、肝心な時に思い通りいかないのが現実であり、それが実力

もっとできる?いや、そんな甘いもではない
大したことない?大したことがないのは俺たちミハタ
もうちょっと?いや、そのちょっとの差が実は大きい

ただただ、最後の最後のプレーで、ミハタに関わる全ての人たちの気持ちが乗り移ったかのような素晴らしいゴールを奪い、得点と勝点3を奪った

君たちの最後まであきらめず戦う姿勢はどのチームにも負けていなかった

そう、その気持ちを持ち続けていれば、いつか、きっと・・・

「ただ、俺、マジでサッカー好きなんすよ。マジで、もっとサッカーやりたいっす」 
~愛すべきNo.3松田 直樹~

NEW!5年生 静岡遠征(vs函南、vs三島VFC)

担当:EBARA
12月8日 中伊豆ワイナリーヒルズ

関係各位の皆様のご尽力により、綺麗な人工芝のピッチで素晴らしいチームとのマッチメイクをしていただき、心から御礼申し上げます

さて、いつも元気な5年生の奴等
前日はナイターのゲーム、今日は早朝出発とあえてタイトなスケジュールを組んだのですが、移動のバス「お休みモード」 かと思いきや q(゚д゚ )ウルセェ 

じゃ、ゲームも元気だよな、期待しちゃうよ
さあ、キックオフ、蓋を開けてみれば ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! 「あれ、寝てんの?」
1試合目の前半、ここ数ヶ月で最低の内容

体がきついのは承知の上
でも、「きついからできない」では、何ら成長は期待できませんのう

体がきつくても、少しの工夫や知恵を絞ればできることはたくさんあるはず
「きつくてもできるはず」だし、「きつくてもやるしかない」でしょ

2試合目以降はやっとエンジンがかかってきたのか、全体的にまずまずの内容でゲームができましたが、最後のゲーム、ポジションを入れ替え、人を入れ替え、新たな試みをしてみたのですが、完全にハズレでしたね (´△`) まあ、経験ということで・・・

帰りのバス、さすがにくたばるのかなとの思いを見事に裏切った本当にうるせえ奴等、道中立ち寄った鮎沢PAで焼き芋を買って食う奴、なぜかトマトを買う奴、買ったプリッツを鼻の穴に突っ込みウケを狙う奴、下手くそな歌を熱唱する奴、渋滞中他の車に手を振り続け反応を楽しむ奴、放任主義の担当コーチの影響か?放っておけばおくほど味の出る面白い奴等、そう「みんな違って、みんないい!」

さて、「いつやるの?」「今でしょ!」が今年の流行語大賞だそうですが、
ミハタの5年生には是非こう答えて欲しいし実行して欲しい
「いつやるの?」 「いつもでしょう!」 チャンチャン♪

5年生 町田相原FC交流戦

担当:EBARA
12月7日 相原スポーツ広場

多くの選手たちがゲームの進め方(狙い)を理解しつつある

ピッチを広く使う、タテヨコのパスとドリブルをうまく使い分け崩す、中が混んでいたらサイドを使う、中が薄い時ければそこを逃さないで使う 他諸々あるが

今日のゲームはどのようなメンバー構成でも共通理解ができており、良いパフォーマンスであったように思える

あとはとにかく精度を上げること、これに尽きる

思えば4月からの8ヶ月の間、抜き出して行う練習については攻撃ばかりで、ほとんど守備の練習をしていない

では、守備は脆いかというとそうでもない(もちろん鉄壁の守備とは程遠いが)

攻撃すると阻止しようとする相手が現れる

その場その場で、必死に崩そうとする者と必死に食い止めようとするものが激しい争いを行えば、その競争の中でお互いのレベルが上がることは言うまでもない

さて、これからもそんな激しい競争を日々繰り返し、個々のレベルアップを期待することとしよう

「攻撃は最大の防御」攻めて攻めて、攻めまくりだ~

5年生 リーグ戦 vs南大野、vs東、vs大沢

担当:EBARA
12月1日 愛川ふれあいの村

○1-0 南大野
●0-2 東
△1-1 大沢

寒い中、グラウンド設営や撤収など朝早くからお手伝いいただいた保護者の方に心から御礼申し上げます

8人制県大会、茨城遠征など日程が詰まっていることもあり、少々強引な日程でリーグ戦を戦いました

とは言っても、ミハタ5年生23名は風邪引き知らずなのか欠席なしの全員参加
これはこれで素晴らしいこと

だれが試合に出ても、どのポジションをやってもチームとしての戦い方やクオリティは変わらないことを目標に日々努力してきた5年生にとってはリーグ戦3試合などお手の物?

今日も全員が試合に出場し、それぞれ成果、課題を確認することができました

結果としては今一つ?今二つ?でしたが、発展途上中なのでご容赦ください

ピッチの中では元気に一生懸命頑張っていましたが、オフ・ザ・ピッチでの出来事は指摘されましたね

いやなことから逃げていては本当の成功は成し遂げられない

言われてからやるのではなく、自分で気付き、感じ、行動することがとても大切

ピッチの外でも模範的な人間に成長して欲しいものです


「練習でできなかったことがゲームで出来るようになるはずがない。
人生も同じ。日々の生活でのことが重要なときに必ず出てしまうもの!」
オシム語録より

5年生 県央大会

担当:EBARA
11月17日 綾瀬スポーツ公園

1回戦
○3-1 FCしらゆり

2回戦
●1-5 小松原

1回戦を良い流れで突破し、臨んだ2回戦

幸先良く先制点を奪い、と、ここまでは本当に良い流れであったが・・

不運な形というか、技術のなさなのか、緊張なのか、前半のうちに本当にイージーなミスから逆転されると後は相手のやりたい放題

ではそのイージーミスがなかったら勝てていたかというと、そうは思わない
相手右サイドの選手に何度も突破されていたし、全体的にゲームコントロールができなかったように思う

もったいない部分もあったのは確かだが、客観的に振り返れば指導者(自分)も含めてやはり力が足りなかったということ

ただ、ミスはしないに越したことにはないが、ミスを恐れることでチャレンジしなくなってしまうようでは何ら向上しない

ミスを取り返す努力と、成功を信じチャレンジを続けること
そう、今もこれからも歩みを止めずに続けるしかない

もっと言えば技術の向上とともに「チームメートのミスなんて、俺が帳消しにしてやるぜ!」くらいのメンタリティが兼ね備わったとき、そこには無敵の君たちがいる

「心・技・体」全てにおいて向上できるよう、地道にコツコツ続けて行こう

今はこの敗戦がいい経験になった、なんて感じて欲しくない


後々この経験を活かせたとき、この敗戦が無駄ではなくなる

「友人の失敗には目をつぶれ、だが悪口には目をつぶるな」フランスのことわざ

5年生 秦野FC交流戦

担当:EBARA
11月16日 フットボールパーク秦野

20分×6 + 15分×1 + PK戦

5【0-2、2-0、1-1、0-1、1-2、0-1、1-0】7

素晴らしい環境の中でたくさんの試合をしていただいた秦野FCのみなさ
んに心から御礼申し上げます


チャンスの数に対しての決定力が低かった

秋を迎え、トレーニングメニューの中にシュートを加えたものの、そんな簡単にはうまくいかない

単にシュートが下手ということもあるが、ゴール前の数的有利な状況で、「どこを」「何を」選択するか、どの選択が一番ゴールに結びつく可能性が
高いのか?


その判断ができているのか?周りの選手は選択肢を作っているのか?

単にシュート練習をすれば、すべて解決というわけではない

キーパーまで交わしてドリブルでゴールに入っていく、シュートフェイントでキーパーを先に倒して横パス⇒無人のゴールにヒールキックシュート、みたいな相手を翻弄するような、悪い言い方だが「おちょくる」「ちんちんにする」まで崩しを極めていきたいし、そんなプレーができたら本当にサッカーの面白さを感じることができるはず

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」by井上靖

5年生 リーグ戦 vs麻溝、vs相東

担当:EBARA
11月4日 若草小学校G

●1-2 麻溝
○5-1 相東

2試合で6得点、流れの中から、速いリスタートから、いろいろなバリエーションでチャンスメイクができていたように思います
2試合で3失点、崩されての失点は一つもなく相手にプレゼントしてしまっているように感じます
人生でお人よしはもしかしたら得をするかもしれませんが、サッカーでお人よしになる必要はないのかな?

もちろんFairでToughであることが大前提ですが
味方には好かれるが、相手には嫌がれる存在にならないと

全体的には技術レベルでは大差ないものの、自信をもってPlayしている選手と迷いをもってPlayしている選手、試合では大きな差が出てしまいますね

迷いが取れたとき、もっとレベルの高い競争になることでしょうね
そんな日が早く来ればいいのですが、まあ慌てずじっくりとやっていくとしましょう

今日も多くの方が応援にお越しいただきました
心から感謝しております

「僕はジダンやラウルのような美しさはないから、ただがむしゃらに頑張るだけさ」

by ネドベド

5年生 リーグ戦 vs相模台

担当:EBARA
10月14日 

●1-3 相模台

前日のけやきカップからスタメンをほぼ入れ替え、リーグ戦に挑みました
祝宴の疲れからか、精彩を欠き内容、結果ともども残念な試合でした

プレッシャーの速い、縦に速い相手に対し、準備、予測、判断すべてにおいて後手を踏み思い通りのプレーが少なかったのではないでしょうか?

プレッシャーの速さを逆手に取る、相手の裏をかく、そんなアイデアとスキルが発揮できるようになればサッカーの楽しみも増してきます

しつこいようですが、全体のレベルアップなくしてチームとしての成長はありえない
より高いレベルで、より激しい競争、そんな集団にしていけるよう23名の5年生全員が志を高く持ちづづけられるよう期待してます


5年生 けやきカップ

担当:EBARA
10月13日 麻溝競技場

決勝
○2-1 バディー中和田

雲一つない秋晴れ、丁寧に管理された素晴らしい天然芝のピッチ、多くのミハタサポーターの声援、そんな中でやる気が起きないわけがない

ただ決勝だからといって特別なことはせず、いつも通り、平常心を貫き、楽しむこと、感謝の気持ちを持ってPlayするようピッチに送り出した

幸先よく前半に2点奪うことができ、優位にゲームを進むことができたが、サッカーで2-0は危険なスコア
ハーフタイムにもう一度リセットし、0-0の気持ちでゲームに入っていくよう伝えたが、
後半は押し込まれる時間が多く、1点を返されさらに危ない場面も何度かあった
しかし、最後は良く体を張り、苦しみぬいて耐えしのぎ栄冠をつかむことができた

サッカーの内容は前半と後半では雲泥の差で、良かったことも悪かったこともあり、完ぺきとは程遠い内容であったが、最後は勝利に対する執念、気迫の部分で上回ることができたのかなと

素晴らしいハートを見せてくれた選手を今日だけは素直にたたえ、喜びに浸ろうと思う

さて、優勝したといっても、横綱相撲をとるほどの力がないのも事実
上には上がいることを忘れてはならない
今まで通り、いや今まで以上におごることなく、地道にコツコツとやり続けなければならない

決勝戦が終わり、喜びを分かち合ったらもう優勝は過去のこと
また歓喜を味わいたいならば、人一倍努力をし続けるしかない

「やればできる」ことを君たちは証明してくれた、だから、もっともっとやろうぜ
CIMG0150.JPG

No football No life !

5年生 けやきカップ

担当:EBARA
10月6日 高田橋グラウンド

準決勝
○2-0 南大野

前日までの雨の影響で、ピッチのところどころに水たまりが・・・

ここまで6か月やってきたことを発揮するには難しいピッチコンディション
ただ、状況に応じた的確な判断、プレーをすることもとても需要なこと

急に気温が上がるというもう一つの対戦相手が出現する中、3つの「ソウリョク」(走力、争力、総力)で勝利を収めることができたように思います

みんなの力でつかみ取った決勝という晴れ舞台
その舞台を楽しむ権利は君たち23人の選手たちのもの

思いっきり楽しんで、最高の笑顔でこの大会を終わろう

One Soul

5年生 小山田SC交流戦

担当:EBARA
9月29日 小山田グラウンド

20分×7本
5【1-4,1-1,1-0,0-1,0-2,0-1,2-0】9

「緩い、ゆるい、ユルイ」
全体的な雰囲気、試合中の局面、On、Off、すべてがユルイ

「みんなで明るい雰囲気」これは決して悪くはないが、やるべき場面、やるべきこと、やらなきゃならないとき、やってはいけないこと、自己判断力に乏しい

そんな今の状態は「ただの仲良し集団」で、「闘う集団」とは程遠い

狎れ合いになってしまったらそこでサッカー選手として、チームとして成長は終了する

良き友、良きライバルとお互い認め合う存在は決して手を抜かず、妥協しない仲間のはずで、決して嘘偽りのない関係

そんな仲間だからこそ、長く深い付き合いができるもの

楽な道を選ぶな、明るい未来のために今は苦しみ耐えることも必要だ

5年生 けやきカップ

担当:EBARA
9月23日 串川グラウンド

決勝トーナメント1回戦
○5-0 作の口
準々決勝
○5-2 清新

ベスト4進出!と書き出すと「おっ」と思いがちですが、内容はところどころに甘さ、ユルさ、スキがあり、すっきりとしない勝ち方でした

2試合とも試合への入り方、特に立ち上がりが良くなかったですね
運動会などで前日、前々日とトレーニングができず、また気温も思いのほか低かったのでアップを長めに行い、良い状態でゲームに入れるつもりでいたのですが、量が足りなかったのか?何なのか?頭も体もまだ寝てるぞ!

幸い、ゲームが進むにつれペースを取り戻すことができ、結果的には2試合とも勝利を収めることはできたのですが、ステージが上がれば上がるほど、ペースを取り戻すことは至難のワザでスキを見せたチームは確実にやられます

さて、試合に臨むにあたり「良い準備」できていましたか?

寝る前に明日の準備しましたか?

睡眠時間は十分ですか?

食事はバランスよく、しっかりと摂りましたか?

水分はこまめに補給していますか?

トイレは済ませましたか?

家を出るときの意気込みはどうでしたか?

アップで心身とも戦闘モードに入っていけましたか?

それは何のためにするのですか?
それは誰のためにするのですか?

うまくいかないときは原点回帰、「初心忘るべからず」

9月14日(土)・5年生〔相模原S-1リーグ 

担当:UME 〔又野公園G〕

(リーグ戦) ミハタ VS コラソン 0対0

(TRM) ミハタ VS コラソン 5対0(得点者)タイヨウ2 ダイゴ1 ダイキ1 レオン1

チーム全体の不陰気は良いが、その不陰気に甘えている選手が、目立つのが気がかりかな!今後、どう変貌遂げるかが、非常に楽しみだ。

リーグ戦、ボランチ2名、DF3名の、ボールの動かし方に不安が見えたので、改善できれば、もっと良い試合運びができることでしょう!!!

TRM戦に出場した選手は、今日の出来に、満足しないで、こつこつ上達するために、自分でやれることを、どれだけ続けてやれるか・・・どんな相手でも通用できる選手になってほしいです。

遠くまで、応援に駆けつけてくれた保護者の皆様、ありがとうございました。

5年生 けやきカップ

担当:EBARA 9月8日 名倉グラウンド

○3-0 大野台
○5-0 星が丘

市内ではありますが、遠路?運営のお手伝いに駆け付けていただいた方々、また応援にお越しいただいた保護者の方々、メンバーから外れ悔しい思いをしつつも応援に駆け付けてくれた「Shin」、本当にありがとうございました。

試合は2試合とも完封勝ちを収めることができ、決勝トーナメントに進むことができました。
1試合目は形の中から得点が奪えず消化不良のゲームでしたが、2試合目は前半こそ1点止まりだったものの、後半はボール支配、チャンスメーク、ディフェンス、走力そして4得点といろいろな面で相手を圧倒することができたと思います。

2試合目の後半、特に印象的だったのはミハタの選手たちは最後まで走り切ることができ「走り負け」しなかったこと。夏場までは2試合目になると極端にパフォーマンスが下がる傾向にあったのですが、むしろこの日は2試合目のほうがすべてにおいて良かったですね。

要因としてボール支配率が高かったことはもちろんですが、積み上げてきたこと、特に暑かった夏休み中の練習、試合、遠征が成果として現れ始めたのかなと感じます。
「勝って兜の緒を締めよ」。良い内容で結果につながるゲームを続けられるよう油断せず、謙虚に努力を続けてほしいものです。

5年生 シーガルズ杯 

担当:EBARA

9月7日(土) 野比小 
予選リーグ
●0-1 横浜FマリノスPr追浜
△0-0 横須賀シーガルズ
5位決定戦
●1-2 橘SC
第6位/6チーム

翌日から始まる「けやきカップ」を控え、3試合ともメンバーを入れ替えいろいろなことにチャレンジしてみました。結果こそ最下位ですが、内容へのこだわりを普段から強調している点ではある意味内容の濃い納得のできるゲームができたと思います。
フィニッシュの精度が物足りないのは相変わらずですが、ボールを動かすことやチャンスメイクは及第点。また最近になって課題が浮き彫りになった守備については全体的に意識、クオリティは進歩しつつあるかなと感じました。
まだ、接戦をものにできる力がないのはチャンスをしっかりとモノにできる技量がないからであり、ゴールを奪うスキルとメンタリティを身に着けられるようじっくりと取り組んでいきましょう。

さて、最近になって調子を上げている選手、調子を下げている選手、23名の選手たちの中でもいろいろとあるかと思いますが、特に調子を下げている選手。今は壁にぶつかっていると思い、もがき苦しんでください。その壁を乗り越えたとき必ず希望の光が差し込んできますから。
「神は乗り越えられない試練は与えない」。

NEW!5年生 リーグ戦 vs上溝、vsつくい中央

担当:EBARA 8月31日 上溝小学校G

○1-0 上溝
○1-0 つくい中央

残暑厳しい中、たくさんの方が応援にお越しいただきありがとうございました。
夏休みの成果を図るべく、メンバーをいろいろと入れ替え試行錯誤を繰り返しながら2試合戦い、結果として2試合とも無失点で勝利を収めることができたのは大きな収穫です。
ボールを支配する時間が長ければ長いほど、ゴール前では相手の守備が厚くなり、最後の崩し、フィニッシュとなかなか真ん中を開けてはくれません。ボールを動かす、最終ラインから怖がらずビルドアップする、ゲームを支配する、中央とサイドを使い分ける、などなど4月から時間をかけてトレーニングしてきたことの成果が表れ始めている一方で、サイドを崩してもクロスの質が悪かったり、中の入り方が悪かったり、真ん中の崩しでも最後パスがずれてしまったり、シュートがうまく当たらなかったりと、サッカーで一番大事な場面での「精度」がまだまだ低すぎですね。
様々な要因があるのですが、一番の課題として「キック」が下手。限られた時間の中でのトレーニングでは個人のスキルに多くの時間を割くことはしない方針の中、ベースをいかに自分で作り上げられるか。個人練習でリフティングの時間とともにキックの時間も入れ込んでみてはどうでしょうか?
多くのプロ選手が少年時代の経験談として「カベ当てでキックがうまくなった、トラップがうまくなった」という話をよく耳にしますし、実際目の当たりにしたこともあります。
いつもの言葉ですが、何事も1日1日少しの時間でも「コツコツ」と積み上げていくことが成功の秘訣です。


5年生 第20回由比招待大会

担当:EBARA 8月24日(土) 富士川緑地公園

●1-3 青島SSS
●0-3 大岡SSS
○1-0 飯田ファイターズ
予選リーグ3位で下位トーナメントへ

8月25日(日) 富士川緑地公園
○5-0 玉穂SS Taiyoハットトリック達成!
△1-1(PK3-2)岡小SSS
●0-1 SFCジュニア
下位トーナメント2位 総合10位/16チーム中

初日は炎天下、2日目は豪雨の中とピッチコンディションを含めいろいろな状況の中で、まずまずの戦いはできたのかなと思います。

静岡の強豪が集うこの大会、ショートパスを多用しボールをしっかりと動かすチームが少なく、どちらかというと前に速く走力にものをいわせるチームが多かったですね。

流れの中で崩されて失点という場面は少ないのですが、ロングボールでの競り負けやセットプレーからの失点が多く、逆に崩しているもののフィニッシュの精度が・・・・
もう少し体を張れたら、もう少しゴール前で冷静だったら、「たられば」は禁物ですが、課題も成果もはっきりと見つかり、難しいコンディションの中で大きなけがもなく、充実した2日を過ごせました。
勝者のメンタリティ、という点ではまだまだですが、サッカーの内容は徐々にですが向上しています。
実りの秋を迎えるために、この夏の経験をしっかりと活かしてくれることを期待します。



5年生 第33回富士山ジュニアカップサッカー大会 

担当:EBARA

8月9日(金) 吉田中学校 
○5-0 エルフシュリット一宮
△1-1 清水北FC
予選リーグ1位

8月10日(土) 富士北麓球技場
○4-1 くずは台キッカーズ
▲1-1(PK2-3)長田南SS

8月11日(日) 富士北麓球技場
○5-2 鶴が台スパイダーズ
●1-7 大和田SC

総合6位/参加48チーム

初日、1試合目○、2試合目×
2日目、1試合目○、2試合目○
3日目、1試合目○、2試合目×

2日目こそ2試合とも内容の濃いゲームができたが、1日目と3日目の1試合目と2試合目の出来の違い、天と地ほどの差がありその点は納得できない。
コンディションなのか、モチベーションなのか、なんなのか?
コンディションであれば改善の余地はいくらでもあるが、モチベーションであれば大きな問題だ。
どんな試合でも、どんな相手でも、どんなコンディションでもベストを尽くすこと、どんな場面でもベストを尽くすこと、それがよい習慣となり、力となる。
実力とは、いつでも発揮できる力のことで、今日できても明日できないのは真の力(実力)ではない。
ムラがあるようではまだまだだ。常に高いレベルでプレーできるよう、常にベストを尽くすことのできる選手を目指せ。
5-1.jpg

8月3日 5年生 東京ヴェルディ交流戦

担当:EBARA ヴェルディグラウンド

大敗 vs東京ヴェルディ

東京ヴェルディジュニアさま、先月末に続き、懲りずに対戦していただきありがとうございます。

相手にボールを支配され、苦しい展開がほとんどの中、多少抵抗できるようにはなったかな?
相手の技術が上であればボールを奪うチャンスは当然少なくなる。では、奪うのか?抜かれないのか?いつ、どのタイミングで奪いに行くのか?すべて奪いに行っていたら、そりゃやられるよ。
しつこいようだが、まず1vs1の対応を責任もってできるようにしてほしい
カバーリングに頼る守備なんて、そんなものでごまかすな。楽をするのは歳を取ってからでいい。

慣れ、経験の少ないこの学年。もっともっと貴重な経験を積み上げ、6年生に追いつき、追い越せるようがんばろう!


8月2日 5年生 PSTCロンドリーナ交流戦

担当:EBARA 上府中公園

8人制 15分ハーフ 4試合+15分 1本
○3-1
●3-4
●2-6
○5-2
△1-1(15分×1)

2年生から6年生まで1日がかりで対戦していただいたPSTCロンドリーナのみなさん、本当にありがとうございました。

得点を奪うこと、チャンスをより多く作り出すこと、については良くできていたと思いますが、失点も多いですね。課題として、普段の練習時から守りの意識を高くして行く必要性を痛感しました。

さて、いつも伝えているつもりなのですが、試合に出るのなら11分の1(8分の1)の責任を果たしてくれと・・・サッカーをプレーする楽しみ、ピッチに立つ喜び、もちろんそんな気持ちが大切であるのは言うまでもない。その反面、ミハタのユニフォームを着てピッチに立つということは、ミハタを代表し試合に出ることであり、その責任を負うことにもなる。
どうも、意識が希薄な選手がちらほらと見られる。うまくやれとは言ってないがとにかく何事にも真剣に、一生懸命取り組んでほしい。

7月31日5年生 開進SC交流戦

旧本町田西小G 担当:EBARA

●4-7 開進
●0-2
○6-2
●2-8
20分ハーフ×4試合

攻撃に関しては、選手たちも手ごたえを感じたのではないかと思います。
課題の守備面。組織的なことよりもまず1vs1の勝負はどうだったかな?
安定したチームには、安定した守備がベースになる。守備の戦術、カバーリング、いろいろあるのだが、まずは1vs1。攻撃においても守備においても、この勝負に勝てないとサッカーは面白くない。
サッカーを楽しむことができる人は、サッカーで成功体験をした人。上達なしには楽しさを味わえないはずである。
得点を奪う楽しさはもちろんだが、相手のボールを奪うことの喜び、快感も味わうことのできるマニアックな選手になってほしい!と思うのは酷か?

7月31日 5年生 川崎フロンターレ交流戦

富士通下野毛グラウンド 担当:EBARA

失点を数えきれないほどの大敗 vs川崎フロンターレ
ヴェルディ戦に続く大敗。
対戦していただいたフロンターレさんには何のメリットもなかったかもしれませんね。
また試合をやってもらえるよう、鍛えてから出直しますので今後ともよろしくお願いいたします。


チャンスは少ないながら作ることができたが、失点の大半はボールの失い方が悪いことが起因。自分たちより多くの面で力が上回る相手に対し、ボールの失い方が悪いということは自殺行為に等しい。
もちろん、ディフェンス(ディフェンダーだけではない)の対応にも多くの問題があるのだが、4月から今までトレーニングの中心は攻撃。
目指しているのは守りを固めて必殺カウンター!なんてトレーニングは一切していない。もっともっと精度を上げなければ。


「ある程度の相手に対してはある程度できる」が現状。今回対戦していただいたフロンターレさんをはじめ、強豪相手にいかに攻撃ができ、得点を奪えるか。


まずはサッカーに対する意識、意欲、情熱で上回ることが必要だ。

5年生 7月23日 東京ヴェルディ交流戦

ヴェルディグラウンド 担当:EBARA

大敗(論外) vs東京ヴェルディ

言い訳もなにもない
下手だから、走れないから、闘えないから無残なほどに現実を叩き付けられた
相手が強いからとか今日だけの問題だけでない
これが今まで積み重ねてきた現実であり実力である

問題はこれからで
あいつらにはかなわないからとあきらめてしまうのか?
あいつらを絶対越えてやると思うのか?

思うのは誰でもできるが、実行するのは難しい
そこで実行できない人が多数派であり人間の弱さ
だから多くの人間がアスリートとして一流にはなれない

勝者は必ず実行した者

さて、今は敗者だが、いずれ勝者になれるよう血がにじむような努力をする覚悟があるのか?
白旗を上げて降参するのか?

それは俺が決めることではないので自分で決めてくれ
たとえ白旗を上げても、それはそれで尊重したいと思う

下を向いている暇はない
サッカー人生、思っているほど時間はない



7月27日(土) 5年生 相模台招待大会

担当:EBARA 桜台小

7月27日(土) 桜台小
8チームによるトーナメント 
○5-0 大野台
○3-2 大沼
●0-2 みどり
第2位


ご招待いただき、また暑い中大会運営にご尽力していただいた相模台の皆様、心からお礼を申し上げます。
結果は2位で残念でしたが、サッカーの質という点では成長の跡が多くの場面で見ることができました。
特にサイドチェンジとサイドからの突破は良く意識してプレーしていたと思います。


決勝の相手の「みどり」さんの10番。スキルが高く個の力で局面を打開でき、点も取れる素晴らしい選手。今後の活躍期待大ですね。
ミハタには残念ながらそのレベルの選手はいません。ので、個々の能力を上げつつ、グループで、チームでしっかりとした内容のサッカーがコンスタントにできないとなかなか結果にはつながらないと思います。

5年生7月14日(日) 柳橋招待大会

担当:EBARA 南林間小

○3-2 海老名キッカーズ
●0-3 田奈SC
予選リーグ2位

7月15日(祝) 柳橋小

●1-2 南が丘
○7-0 鳶尾Jr
2位トーナメント3位 総合7位。


 猛暑、酷暑の中2日間にわたり大会運営に携わっていただいた皆様、ならびにお招きいただいた柳橋の皆様、心からお礼を申し上げます。
結果は総合7位と、現時点での力はこの程度で妥当な結果だと思います。拮抗した試合で自分たちのペースでゲームを運んでいる時間帯に点を取り切れず、そんな中で自分たちのミスから失点し、流れを取り戻せず負けてしまう・・・まさに自滅


「たら」「れば」を語っているようでは成長は夢物語。どんな状況下においても力を発揮できるのが「実力」。要するに「実力」がないということです。


暑さの中で集中力を欠く、体力の消耗とともに集中力を欠く、もちろん体力アップをしなければならないけど、いかにマイボールの時間を多くし、相手を消耗させていくか。


ボール支配率で圧倒し、試合内容でも圧倒し、スコアでも圧倒する・・・もちろん、すぐにはできないけど、できるようになるには「積み重ね」ていくしかない。

7月20日(土)5年生交流戦vs元石川SC

場所 青葉運動公園 報告者  三畑義昭

6年生とともに、日差しの強い中、横浜の元石川さんと対戦しました。

元石川の関係者の皆様、ありがとうございました。


交流戦(15分)   ミハタ0-3元石川   ミハタ0-4元石川  

ミハタ0-1元石川(6年)   ミハタ2-2元石川



5年生 6月29日 小山田SC、いぶき野FCヘリオス交流戦

担当:EBARA 小山田グラウンド

1-2、1-2 小山田SC
4-1、2-4 いぶき野FCヘリオス

暑い中、たくさん試合をしていただきました小山田SC、いぶき野FCヘリオスの皆様、ありがとうございました。

めちゃ蹴り、とりあえずドリブル、責任逃れパス、というような幼稚なPlayが大幅に減り、しつこいほど強調している「判断」の上でのPlayができるようになってきたのではないでしょうか。もちろんまだまだ完ぺきではないので精度を上げていかなければならないのですが。サイドの崩しもイメージはつかめてきたのかな、というレベル。
ただ、ゲームを観ていて、以前より面白いサッカーができつつあるのは間違いないと思います。
反省点としては、声を出せば防げたはずの失点の場面と体力のなさ。声は誰でも出せるはず。今後はその1点に泣くことがないよう自覚してほしいですね。ゲームでの体力、後半になるとガクッと落ちることが多いので、夏休みには徹底的に鍛えようと思います。ので、今から楽しみにしていてください。

今日、特筆すべきことはAyumiの初ゴーーーーーーーーーール!!!!!!
得点だけでなく、Ayumiのラストパスから得点を奪う場面もありました。
練習を休まず、コツコツ積み重ねてきたことが成果として現れたと思います。
もっともっと、チーム内での競争が激しくなることを期待してますよ。

7月7日 5年生 リーグ戦 vsみどり

担当:EBARA

●0-3 みどり


リーグ初戦、「なすすべなく」とまではいかないけども内容的に完敗でした。

相手のフィジカルの強さ、プレッシャーの速さの中、ミスを連発しなかなかペースをつかめずに、それでも前半はなんとか0-0でしのぎ、後半立ち上がりはペースをつかんだかに思えたのですが、相変わらずの決定力不足。

そんな中、ロングボールの処理、連携が悪く先制されてからは相手に好き放題やられたようなゲームでした。

異常なまでの灼熱地獄のような中、相手は非常にタフで素晴らしいチームでした。おかげでいろいろと課題が抽出でき、今後の練習や試合に活かしたいと思います。

みどりSCのみなさん、またぜひ胸を貸してくださいね。

暑い中応援に来ていただいたミハタサポーターのみなさん、次に期待してください。応援ありがとうございました。


PS.サポーターのみなさんへ

今年も暑い夏になりそう(すでになってますが・・・)です。応援に来られる際には暑さ対策を万全に(特に水分補給を忘れずに!)して、くれぐれも熱中症などにならないようお気を付けください。

6月9日(日) 5年生 あじさいカップ決勝トーナメント1・2回戦
担当:監督  場所:磯野台G

○3-2 相模野
●0-3 中和田

担当コーチ不在の中、また6年の全少予選と重なりスタッフのやりくりが大変な中、お手伝いいただいた皆様、応援に来ていただいた保護者の方々、暑い中会場担当をしていただいた方々、対戦相手の皆様ありがとうございました。

結果についてはスコアの通り完敗です。これが現状であり、今後どれだけ奮起してくれるか期待したいと思います。

1年後には、素晴らしい先輩方の結果を上回れるよう頑張っていこう!「継続は力なり!」

6月2日(日) 5年生 あじさいカップ予選リーグ
担当:江原コーチ  場所:磯野台G

○8-0 むげん
○6-0 相武台

2試合とも勝利を収めることができたものの、2試合を通して自分たちで崩した形からのゴールが少ない。

サイドからいいクロスが入っても、ヘディングあたらない、ふかす、ふりすぎてコース外れる。スルーパスを受けてもフィニッシュに時間をかけすぎたり、シュートのコースが甘かったり、なんて場面が多かった。

11人制でピッチ上に人が多く、スペースが少ないこの大会。だからこそピッチをもっと広く使いこなせるように、相手の位置はもちろん、味方の位置も意識してポジションを素早くとってもらいたいものである。

ステージが上がるにつれ、勝ち残るのはチャンスをしっかりとものにできるチーム。意図のあるビルドアップから崩し、そしてフィニッシュ!と流れるような展開の中からのゴールを奪えるようにしっかりとトレーニングしていきたいと思う。

5月26日 5年生 ロンドリーナ交流戦
担当:江原コーチ  場所:中井中央公園

0-0、2-1、0-2、0-0 スコア合計2-3●

急なお願いにも関わらず、快く引き受けていただいたロンドリーナのみなさんに心から感謝いたします。

4月から強調している「判断」した上でのPlay。もちろん、まだまだ完ぺきではないけど、意識して取り組んでいる様子はうかがえた。攻撃面では成長の跡が多くの場面で見受けられ、ショートパスからスペースへの展開、サイドで2vs1の崩しからクロス、などなど。欲を言えばゴール前でシュートに対する意欲、積極性がもっと欲しかった。

反面、守備では課題が多い。まずは1vs1の対応(まだまだ弱い)、マークをしっかりと捕まえることと自分の背後のリスクマネージメント(ボールウォッチャーになりがち)、指示の声(声を出す人がいつも同じ)、練習の中から意識していけば必ず改善でき、失点も減らせるはず。
安定したゲーム運びをするためにはディフェンスの安定がベースとなるので、練習時から特に意識をしていかなければ。
全体的に攻守の切り替え、特に攻から守への切り替えのスピードが遅いのかもしれない。
頭の切り替えなくして行動の切り替えはできないので、途切れることなく頭を働かせてPlayし続ける習慣を身に着けよう。

6月8日(土)・・・小山FC交流戦・5年
担当:梅澤 会場:小山FC G

小山FC関係者の皆様、たくさん試合をしていただきましてありがとうございます。
 私なりの必要なことは5年生に伝えた・・・どう捉え・行動・継続するか!!!
 明るくなった5年生チームの印象を強く持つ中、本気になったミハタっ子が何人いますか!本気度変われば、個人にチームも変化をもたらすはず。
 思うだけじゃ何も掴めない・得られない・気付いたら何をすべきか・・・心構えに覚悟
 5年生の未来、本当に楽しみなものに変わることを信じて。
 土曜参観日後、送れて参加してくれたミハタっ子、ありがとう・・・この姿勢が今後に役立つ日が来ますよ!!!
保護者の皆様、声援ありがとうございました。

5月5日(日・祝)5年国立カップの観戦記
担当:EBARA  場所:国立河川敷グラウンド

久々の試合。GWの真っただ中18名の精鋭が参加し、国立カップに挑みました。

コンセプトは全員が試合に出場し、全員で勝利を勝ち取ること!でしたが、結果は12チーム中12位。堂々?のビリでした。

誰かが足を引っ張った「No」 頑張れない「No」 闘えない「No」 そう、選手たちは強烈な砂埃と照りつける強い陽ざしの中、よくがんばってくれました。

特に、県大会ベスト4のFCパーシモンとの試合は後半こそ失点を重ねましたが、前半は僅差。最終ラインからしっかりとビルドアップする、失敗を恐れずチャレンジする、しっかりと判断し意図のあるPlayをする、まだまだ発展途上の5年生、失敗を恐れずにみんながTryしてくれたことが収穫です。

全員試合に出したからとか、ポジションをいろいろ試したから負けましたでは、単なる言い訳。負けは私の責任です。家に帰り、砂埃まみれのビブスを風呂場で洗いながら反省。ベッドに入り反省。その夜は悔しくて飲まずには寝れなかったです(涙)

今の私にとって5年生はAチームもBチームもないし、レギュラーも控えもありません。全員にチャンスがあり、全員がうまくなることによって、チーム内での競争がもっと高いレベルで起きてくれば、おのずと結果はついてくるはずです。

なので、下を向く必要はない!だってビリだもの、上しかないじゃん!?

久々に選手たちと長い時間接することができ、ピッチ内外でいろいろな「面」を見れたことが私にとっては最大の収穫でした。

お招きただいた国立スリーエスのみなさま、暑い中応援に来ていただいた保護者のみなさま、どうもありがとうございました。

3月16日(土)4年・5年強化・つるま・柏レイソル交流戦観戦記(3/23更新)
ミハタ vs つるま ●1-2他

担当:梅澤 学  場所:鶴間小学校・日立柏サッカー場

つるま望月さん、関係者の皆様、1試合でしたが大変お世話になりました。

今後とも、その他の学年共々、よろしくお願い致します。

レイソル渡辺さん、関係者の皆様、お世話になりました。渡辺さんとは同期で久しぶりに再開し会話できたこと大変嬉しく思います。とにかく背が高くて大きい印象でした!

強化8名は町田で1試合してから移動の為、3・4試合目の2本しか出来ませんでしたが、小さいけど上手いチーム・体の大きいチームと違うタイプのチームと出来たこと経験を積ませて頂けた事とても感謝致します。
試合内容は良い部分・課題などいろんな面が見られた試合で遠くまで遠征しにきたかいがありました。

1・2本目は先に着いた5年生に4年生を4名合わせたチームで対戦させていただきましたが、内容・結果とも今ひとつだったと聞きましたが、通用した部分は自信につなげられる事だし、通用しなかったことを出来るように練習に取り組むことが必要なだけでこの経験を絶対に無駄にしてほしくはありません。

各自が何を感じ、得たかは今後の姿勢で試されることでしょう!!!
その姿勢を見られることを私は楽しみにしています・・・・・・・自分次第だよ

遠くまで応援に駆けつけてくれました保護者の皆様、ありがとうございました。

試合結果
  ミハタ  VS つるま 1対2(20分ハーフ×1本)
  ミハタ VS 柏レイソル 2対1 0対2 (20分×4本)

3月3(日)4年生交流戦の観戦記
ミハタ vs 南JFC △1-1 ○5-1

担当:辻 雄卓  場所:谷口台小学校グラウンド

急遽、交流戦が決まり少ない本数の中で子供達が自分の課題・コーチからの課題をチャレンジし失敗・もしくは成功した中で一つ一つクリアしてもらえればと思います。
ここのレベルはもちろんチームとして想いをひとつに戦っていくことができればなぁと思います。


声援を送ってくれました保護者の皆様、ありがとうございました。

2月10日(日)5年強化・育成・交流戦の観戦記
ミハタ vs 柳橋 ○3-2他

担当:梅澤 学  場所:柳橋小学校グラウンド

柳橋関係者の皆様、たくさん試合をしていただきありがとうございました。
トレセン5名休みに中、5年強化・育成ともに一緒に試合ができたことはプラス材料!

しかし、一緒に試合をすることに満足しちゃだめ・楽しさ・厳しさを持ってやらなければいかんぜよ!

4年生が1試合をして移動した為、残りの4年生の試合を5年生がやりましたが寒い試合内容に残念!私が言わなくてもできるはずの試合・まだまだ意識低いかな・

無理を承知してくれました柳橋さん、中新田さんありがとうございました。
4年生はボールを持つと消極的かな!ボールを持てることを心掛けよう!
頑張れ4年ミハタっ子たち

援を送ってくれました保護者の皆様、ありがとうございました。

試合結果・得点者
  ミハタ5年 VS 柳橋5年 3対2 (得点者)リョウ2 カズキ1
  (20分1本)ミハタ5年 VS 柳橋5年 1対1(得点者)リョウ1
  ミハタ5年 VS 中新田5年 1対2 (得点者)リョウ1
  ミハタ4年 VS 柳橋4年 2対1 (得点者)ダイゴ1 ダイちゃん1
  ミハタ5年 vs 中新田4年 4対3 (得点者)キムリク2 ダイキ1 リョウ1
  (20分1本)ミハタ5年 VS 柳橋4年 1対0 (得点者)ナツ1

2月10日(日)交流戦の観戦記
ミハタvs町田高ヶ坂(4年生) ●0対2 ○3対1 ○5対0 ○1対0

担当:辻 雄卓  場所:愛川ふれあいの村グラウンド

公式戦もひと段落、公式戦で普段なかなかピッチに立てない子供達も久しぶりにピッチでプレーする姿を見ましたが、「成長しているなぁ~」と感じました。
また、年明けから出場しているメンバーも成長は見られますが、来た球にたいしてプレッシャーがない状態で、慌てて蹴っちゃう。もっと周りをみてボールを運ぶところ・ファーストタッチでのコントロールの場所や両サイドの動き・使い方とまだまだ課題はありましたが、今もっている4年生のプレッシャーの速さを生かしいい形に持っていければいいチームになるのではないでしょうか・・・

寒い中、ご父兄方々の熱い応援ありがとうございました。

2月3日(土)第40回SFAカップサッカー大会観戦記2

担当:辻 雄卓  場所:高田橋グラウンド

準決勝 ミハタvs共和 ●0対1
ほとんどが相手陣地でプレーしているもののやろうとしている内容は共和さんの方が上。中へ集中してしまい逆サイドががら空き・・・熱くなればなるほど周りが見れずコントロールできる場面でも蹴ってしまうといった悪循環・・・
大きな大会ほどいか適度の緊張感と冷静さが必要・・・と思います。
これからの交流戦・練習等でいかにチームとして・個の技術アップの進化が見られるかが楽しみな学年です。

熱い応援ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

2月3日(土)第40回SFAカップサッカー大会観戦記

担当:辻 雄卓  場所:高田橋グラウンド

準々決勝 ミハタvsつくい
スポ少で敗れ優勝まで持っていかれた津久井さんとの対戦。これまたリベンジ戦となりました。押してはいるものの点が入らず・・・もっと両サイドから切り込んでいければもっと自分たち
のチャンスをつくることができたのでは?
まぁ、なんとか勝利。準決へ繋ぐことができました。

☆準決勝の観戦記は近日公開予定です!

1月20日(日)第40回SFAカップサッカー大会観戦記
ミハタ vsコラソン ○2-2 PK3対2 ミハタvs清新 ○1-1 PK3対1

担当:辻 雄卓  場所:大沼小学校

前日、県大会ブロック決勝で敗れ、気持ちを切り替えるまもなくSFAへ・・・
初戦はリーグ戦で負けたコラソンさんとリベンジできるチャンスがやってきました。攻守の展開が激しい試合となりましたが2対2のPKへ突入・・・
PKは運が大半、後は相当なプレッシャーの中でいけるか!!!
ただ、今まで4年生はPKの勝率がよいので最後まで信じピッチへ・・・
結果、勝ちましたが、『ぎゃふん』とまではいかなかったので、次の機会にすっきりしたですね・・・

清新戦ではピッチ(両サイド)を有効に使えるチャンス”^_^””と子供たちへ

一日2回のPK戦は心臓に悪い(ホっとした)

※ 急遽会場変更にて移動となりましたがユウキのお父さんからの連絡で助かりました。
ありがとうございます。
また、寒い中応援してくださったご父兄の皆様方々ありがとうございました。

1月19日(土)神奈川県少年サッカー選手権観戦記
ミハタ vsオリオン ●1-3  決勝

担当:辻 雄卓  場所:中三田スポーツ広場グラウンド

決勝戦が雪の為1週間延期。
体調を崩す子が多い中、4年生がまず第1の目標としていたブロック優勝を目指しましたが、良くない時の型にはまってしまったのが残念・・・試合前のミーティングで気をつけないといけない相手選手に仕事をさせてしまった。DFラインまでずるずると下がり始め中盤がすかすかになってしまい、更にトップにいたユウキが前で3人にマークがついている状態で
ラインも押し上げることが出来ずパワープレーへと転換したものの1点のみでノックアウト!!!
強豪・プレッシャーの速い相手にはまだまだ力を発揮できないですね!!!
また、寒い中応援してくださったご父兄の皆様方・スタッフ・5年生・会場担当の荻野さん。
ありがとうございました。

1月14日(月)祝日神奈川県少年サッカー選手権観戦記
ミハタ vs川和FC ○7-1  準決勝

担当:辻 雄卓  場所:上荻野小学校グラウンド

ブロックトーナメント準決勝。ここまで1回戦から気持ちを切らさず子供たちは1試合1試合大切に勝ち進んできました。凍えるような寒い中での準決勝。川和FCさんの試合では子供たちはピッチ・ベンチで大きな声を出し試合事に成長したくましさが出てきたように見え、いざ決勝戦へ・・・ブロック決勝戦では特にひとつのミスから勝敗が変わってきます。まずはブロック優勝目指して4年生『想いをひとつに』!(^^)!

また、寒い中応援してくださったご父兄の皆様方・スタッフ・会場担当の荻野さん。
ありがとうございます。

ここ最近遠ざかっていたブロック優勝まで、あと1勝!

1月13日(日)神奈川県少年サッカー選手権観戦記
ミハタ vs神田FC ○3-0  

担当:辻 雄卓  場所:上荻野小学校グラウンド

県大会2回戦は神田FCさんと。
県大会前練習で3年生・5年生の力を借り実践形式の練習!!!
4年生優先に練習(ゲーム)をしてくれた3年生・5年生の想いも一緒に1試合・1試合ベストを尽くし、今持っている力を最大限に出し悔いの残らないような試合にプレーしていきましょう!!!

この先、強豪チームとの対戦では、ひとつのミスが勝敗を別けるちょっとした気の緩みがチームの敗戦へとつながります。
どんな試合で、どんな相手でも同じように集中し相手の選手の嫌がるプレー、自分たちのプレースタイルを使いながら。
常に向上心をもって、目標に挑んでくれることを期待します。

練習相手をしてくれた3・5年生のためにも、結果に恐れず悔いのない戦いをしてほしいと思います。

ブロック優勝まで、あと2勝!がんばれ

1月6日(日)神奈川県少年サッカー選手権観戦記
ミハタ vs 南林間 ○10-0

担当:三畑 義昭  場所:中津川グラウンド

新年早々、県大会の1回戦となりました。
チームはブロック優勝が目標とのことです。目標をしっかり見据え、挑戦していってほしいと思います。
この日は1回戦のみ行われる日程なので、結果・内容ともに次週につながる試合を見せてほしいです。
初戦の“南林間SC”さんとの試合は、10得点と、点数だけ見れば快勝ですが、とても次につながる戦いが出来たとは思えません。
雑なプレーが多く、良い意味での緊張感をもってプレーすることが出来ませんでしたね…

この先、強豪チームとの対戦では、ひとつのミスが勝敗を分けたり、ちょっとした気の緩みがチームの敗戦へとつながります。 4年生では難しいかもしれませんが、どんな試合で、どんな相手でも同じように集中し、チームのスタイルで戦うことが必要だと感じます。
個人的な考えですが、2点奪える相手からは3点4点・10点奪えるチームからは11点12点を奪っていけないと成長は難しいと思います。
2回戦以降、常に向上心をもって、目標に挑んでくれることを期待します。

練習相手をしてくれた3・5年生のためにも、結果に恐れず悔いのない戦いをしてほしいと思います。
ブロック優勝まで、あと3勝!がんばれ4年生チーム!(^^)!

試合結果
  選手権大会1回戦   ミハタ 10-0 南林間

12月9日(土)・・リーグ戦 コラソン観戦記
ミハタ vs コラソン ●1-3

担当:辻 雄卓  場所:又野運動公園

リーグ戦最終!!!優勝の条件としては負けられない試合!体調不良等で主力とみている選手が不在の中、またピッチコンディションもよくなくチャンスはつくるものの決定率でコラソンにやられてしまいました。

リーグ戦は最終戦が終わり結果3位。来年度はリーグ優勝目指して頑張りましょう!!!
また、寒い中応援に来てくださったご父兄の方々。ありがとうございました。

次は年明けの県大会に向けて調整し、想いをひとつに1戦1戦戦い抜いていきましょう!!!

12月1日(土)・・リーグ戦 共和B観戦記
ミハタ vs 共和B ○8-0

担当:辻 雄卓  場所:弥栄小学校

リーグ戦も終盤に差し掛かり、今日を入れて残り2試合!!!

まだ、優勝の望みを残しつつボールを動かすことで相手選手を動かすことでスペースをつくる事を意識して挑みました。

プレッシャーのない中で前へ前へ急ぐ傾向が見られ、前に相手選手がいた場合に中盤や後ろの選手で前を向いている選手に落とす余裕が出来ればもっともっと良い結果が生まれたのではないでしょうか!!!

来週はリーグ戦最終戦です!!!

11月25日(日)・・スポ少 vs つくい戦の観戦記
ミハタ vs つくい ●1-1 PK4-5

担当:辻 雄卓  場所:麻溝公園Dグラウンド

立ち上がりはプレッシャーの速さはもちろん、比較的サイドへ展開し攻撃・守備共に前へ急ぐことなく良いプレーが生まれていました。
前半終盤から後半は相手選手が数枚前にいる状態で前へ急ぐ傾向が・・・

練習しているサイドを使った攻撃・守備から攻撃への展開ができず1対1でPKへ・・・今後の課題がはっきりと解り、限られた時間の中で年明けの県大会までに調整でき挑めるようにしていきましょう!!!

11月23日(金・祝)・・県央リーグ vs 綾瀬観戦記
ミハタ vs 綾瀬 ●1-3 vs 相東 △1-1(TRM)

担当:辻 雄卓  場所:三栗山グラウンド(上段)

三栗山から移動・・・

声をもっと大きく掛け合い、慌てずプレーすること・・・

周りを見る余裕がでてくれればもっといいプレーにも繋がるではないでしょうか?

ミスからの失点が多く一つ一つのプレーを大事にしていくことができれ失点はもちろん得点に繋がるシーンがあり、今後の課題を克服できれば楽しみだなぁ~と感じました。

11月23日(金・祝)・・市リーグ戦 vs 東の観戦記
ミハタ vs 東 ○4-1 vs 作の口 ○2-0(TRM)

担当:辻 雄卓  場所:三栗山グラウンド(上段)

当初のキックオフより20分遅れとなり、再度確認事をチェックしリーグ戦開始・・・
スポ少に向けての最終調整・リーグ戦優勝もかかっている大事な試合!!!

ここ最近、集中して練習していることを失敗や成功から学びサイドを使った攻撃・ディフェンスに入った時の対応を確認しながらサイドの選手がもっと開き受けることができることやマークの確認等課題はありましたが、続けていけばいけるのではないかと・・・

11月11日(日)・・小田原カップU-10の観戦記
ミハタ vs 酒匂いなずま ●0-1 vs 東台FC ○1-0

担当:辻 雄卓  場所:上府中公園スポーツ広場

結果だけですが、お知らせさせて頂きます。

11月10日(土)・・市リーグ戦 vs 上溝観戦記
ミハタB vs 上溝FC ●0-2

担当:三畑 義昭  場所:上溝小学校グラウンド

この日は小田原カップの関係で、昨日の武内記念のメンバーで戦いました。
4会場で試合が行われ、スタッフが足りず、ご父兄の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
4年生チームとしてリーグ戦優勝には、最低でも引き分けたかった試合ですが、厳しい試合になってしまいました。
ほとんどチャンスも作れず、蹴ってしまう場面も多かったように思います。
今すぐ劇的に変わる(上手くなる)のは、もちろん無理です。地味な練習はつまらないと思いますが、まずは、ボールをしっかり“コントロール”すること!が、自信につながり良いプレーができる要素となります。自分なりに課題を見つけ、取り組んでほしいですね。

結果は残念でしたが、今できることを出来たのであれば、必ず先につながるはずです。
試合後に、もっと出来たかな…?と、悔いを残さないようにどんな試合でも一生懸命頑張ってほしいです。

ご父兄の皆様には、1年生のアップをお手伝いいただいたり、4年生のサポートをしていただいたりと、とても助かりました。ありがとうございました。

試合結果
  市リーグ戦     ミハタB 0-2 上溝FC

11月10日(土)・・小田原カップU-10観戦記
ミハタ vs 下中SC ○8-0

担当:三畑 義昭  場所:下中小学校グラウンド

Jrユースの公式戦で、梅澤・辻 両コーチが引率できず、ピンチヒッターで私が引率させていただきました。
当初、お休みが多く、9~10名程度の参加で、急遽3年生4名に参加してもらいました。
当日4年生11名が揃いましたが、3年生を含めた14名全員で予選リーグ突破を目指しましょう!(^^)!
最初の対戦は地元の下中SCさんと対戦です。

中盤を厚くした4-5-1にシステムを移してみました。やや攻撃が中に集まっていましたが大きなピンチもなく、初戦としてはまずまずの出足です。
約3時間空いての2戦目は寒川SCと対戦。心配していた“長時間空き”は、予想通り集中力が怪しく、また動き出しも今ひとつ… それでもシュンタが大きな声でチームを鼓舞し、仲間も応える! 過去には見られなかった4年生チームを出してくれたことは大きな収穫だと思います。ユウキのゴールで何とか得点を奪いグループ決勝に進出しました。
勝てば翌日の決勝トーナメント進出が決まるグループ決勝の相手は矢作SC。
大きな声と早いプレッシャー。また高い技術のある選手もいて、グループ決勝に勝ちあがってくる良いチームでした。この試合の前に、中途半端はやめよう!と声をかけました。
それは、苦しくなって横や後ろへのパスを自分の考えで処理するため、私なりに背中を押してみました。子供たちは、どんな場面でも“蹴ってはダメ”と感じているようでした。つなぐならつなぐ!クリアならクリア!タッチに出すなら出す!を自分で考え、その時にあったプレーをしてほしいと思ったからです。
結局、コントロール出来そうな時でも蹴ってしまう選手も少しいましたが、『あのプレーはコントロールしてみよう』と声をかけると本人も分かっていました。今後、何が出来て、何ができなかったか?を本人が自覚し課題として取り組んでいけることを願います。

この観戦記を書いている途中に2日目の決勝トーナメントの結果を知りました…
残念な結果になってしまったようですが、病み上がりや調子の上がらない選手もいた中、キャプテンを中心にみんな良く頑張ったと思います。帯同した3年生も頑張ってくれました。
みんな、お疲れ様でした!

試合結果
  小田原カップ予選リーグFブロック   ミハタ8-0下中SC   ミハタ1-0寒川SC
  ブロック決勝E/Fブロック       ミハタ4-1矢作SC
  1位パート決勝トーナメント進出!

10月27日(土)・・県央リーグの観戦記
ミハタ vs 秦野本町 ●0-6 vs 相東 ●0-1

担当:辻 雄卓  場所:秦野本町小学校グラウンド

プレッシャーが速く裏を取られる場面が多く基点(要)の選手を子供たちが見つけることが出来ず失点へと・・・
ほぼ失点が同じパターンだったのが残念!!!
スポ少へ向けてベンチからはもちろん子供たち自身が相手の要の選手を気づき、早い段階で自分たちのペースへもっていけるかが勝敗へとかかてくると思います・・・

会場でのマナーはマダマダ・・・
前回HPにも載せました下記内容も引き続き続けていきましょう!!!

今現時点で4年生に求めているものは(課題)『声を出す』『中盤・DF・GKにおとして逆サイドに振る』『周りを見て判断を速めに』『ディフェンスの重要性』と基本的なものですが特に重要なものです。
また、もっとも重要としているマナー(挨拶等)は今後も続けていきましょう!
プレッシャーが速いチームに対してよりファーストタッチやボールコントロールが特に必要!

練習から交流戦・公式戦とチーム一丸となって小学生で目指すは6年生県大会!!!

コーチも人間、完璧に伝わることがないこともありますが、分からないことを『分からない』で終わらせるのではなく、本人が率先して聞きに来て、コーチからもどんどんアドバイスをしたいと思っています。
至らないところがあるかもしれませんが応援のほどよろしくお願いいたします。

遠くまで応援に来ていただいたご父兄の方々。本当にありがとうございます!!!

10月13・14日(土・日)・・第8回富士吉田市キッズカメルーン杯(8人制)の観戦記
ミハタ vs 御坂 ○2-0他

担当:三畑 武一監督

第8回富士吉田市キッズカメルーン杯(8人制)4年生20人が出場致しました。

*13日(土)16チームが4ブロックに分かれてのリーグ予選。
ミハタ Cブロック
 第1試合 ミハタ 2-0 御坂
 第2試合 ミハタ 2-1 スペリオール上吉田
 第3試合 ミハタ 5-0 FCモナークス
20人全員が出場して、グループ1位となり14日は1位パートの試合となる。

*14日(日)1位パート
 第1試合 ミハタ 2-1 FC.LAGO
 第2試合 ミハタ 1-3 プリメーラ御殿場FC
 第3試合 ミハタ 3-3 山梨SSS
プリメーラ御殿場FCが3勝で優勝。ミハタは、1勝1負1分けで第2位でした。

久しぶりに4年生のベンチに入り、だいぶ上達してきたなと感じ、皆が優勝するぞ!との意気込みを感じた試合であった。この上を行くには、まだまだ練習が必要であるが、ヘディング、トラップ、足下のボールさばき、そして試合中に周りがみられるように指導していきたい。楽しみな4年生である。

10月7日(日)・・・4年生リーグ戦の観戦記(結果報告)
ミハタ vs 作の口 ○11-0 

担当:辻 雄卓  場所:作の口小学校グラウンド

9月22日(土)・・県央4年生サッカーリーグの観戦記
ミハタ vs 高部屋 ○6-2 vs 小松原 ●1-2 vs 大田 ○7-2

担当:辻 雄卓 場所:高部屋小学校グラウンド

4年生がコーチ・子供・ご父兄の方々とよりいいチーム(輪)を大切に練習から交流戦・公式戦と日々成長していきたいと思っています。練習からよりコミュニケーションをとり一歩ずつ前進していければ結果もついてくるはず・・・
今は得点よりいかに失点を無くすかが大きな課題!!!練習や交流戦では何事もチャレンジ!!慌てずミスをいかに少なくできるかが勝敗に関わってきます!!!4年生のチームを一丸とチームをひとつにする為にコーチも子供たち・ご父兄方々と一緒に小学生生活のひとつ、サッカーというスポーツの中で輪を大切に過ごしていきたいと思っています。

コーチも人間、完璧に伝わることがないこともありますが、分からないことを『分からない』で終わらせるのではなく、本人が率先して聞きに来て、コーチからもどんどんアドバイスをしたいと思っています。
至らないところがあるかもしれませんが応援のほどよろしくお願いいたします。

遠くまで応援に来ていただいたご父兄の方々。本当にありがとうございます!!!

1試合目:得点者: ダニエル 2 シュンタ 1  タイキ 2 W.アユム 1
2試合目:得点者: カイ 1
3試合目:得点者: ダニエル 1 レオン 1  N.ショウタ 1 タイキ 1 ヒロト 1 ユウガ 1 カイ 1

9月17日(月・祝)・・浜見平JSC交流戦の観戦記
ミハタ vs 浜見平 ○4-0他

担当:辻 雄卓 場所:平塚市大神グラウンド

中学年になるとより強いチームと対戦するにあたり次の交流戦・公式戦に繋がる『結果を求める試合』も多くなってきます!!!試合によってはメンバーを絞っていく試合はもちろん多くなります。
今現時点で4年生に求めているものは(課題)『声を出す』『中盤・DF・GKにおとして逆サイドに振る』『周りを見て判断を速めに』『ディフェンスの重要性』と基本的なものですが特に重要なものです。
また、もっとも重要としているマナー(挨拶等)は今後も続けていきましょう!
プレッシャーが速いチームに対してよりファーストタッチやボールコントロールが特に必要!

練習から交流戦・公式戦とチーム一丸となって小学生で目指すは6年生県大会!!!

コーチも人間、完璧に伝わることがないこともありますが、分からないことを『分からない』で終わらせるのではなく、本人が率先して聞きに来て、コーチからもどんどんアドバイスをしたいと思っています。
至らないところがあるかもしれませんが応援のほどよろしくお願いいたします。

遠くまで応援に来ていただいたご父兄の方々。本当にありがとうございます!!!

試合結果
vs FC東海岸 △1‐1  vs 浜見平JSC ○4‐0 vs ハリマオ ●3‐4

得点者:N.ショータ 1 カイ 2 ユーキ 2 W.アユム 1 ミサキ 1 タイキ 1

9月15日(土)・・JFC FUTURO招待試合の観戦記
ミハタ vs JFC FUTURO ○3-0他

担当:辻 雄卓 場所:Jフットサルクラブ

ブロック(初日)
ミハタ vs 河輪SSS ×1対2 ○vs吉原第一JSC 3-1 vs岩松SSS ○8対0

10分×8本と技術はもちろん体力も必要な交流戦!これからは1日に交流戦での試合数が多いことが多くなります。交流戦ごとに課題をもち、チーム一丸となりより充実した一日をおくれる様にしていきましょう!!
また、課題は『DF』!!攻撃から守備への切り替え(いかに失点されないか)。守備から攻撃へ(GK・DFがボールを持ったときのポジショニング)『声を出すこと』を・・・
一つ一つ練習や交流戦でクリアしていきましょう!!!

遠くまで応援に来ていただいたご父兄の方々。これからも熱い声援をよろしくお願いいたします!!!

試合結果
7人制
  ミハタ vs JFC FUTURO 10分×4 ○3-0 ○4‐2 ●3‐5 ●0‐6
  ミハタ vs 原FC 10分×4 △1-1 ○4‐1 △1-1 ○2‐1
5人制(フットサル)
  ミハタ vs JFC FUTURO 10分×4 ●0-2 ●3‐5 ●1‐4
  ミハタ vs 原FC 10分×4 ○6‐2 △2‐2 ○4‐1 ○7‐0 △0‐0 

8月25・26日(土・日)・・第19回するが路農協杯争奪由比招待サッカー大会の観戦記(写真有)
ミハタ vs 河輪SSS ●0-2 他

担当:辻 雄卓

ブロック(初日)
ミハタ vs 河輪SSS ×1対2 ○vs吉原第一JSC 3-1 vs岩松SSS ○8対0

ミハタカップで準優勝した由比SSSさんより招待を受け4年生1泊の大会に参加!!!
課題となっている初戦の立ち上がりはまだまだと初戦黒星スタート2試合目、1失点はしたものの初戦より状況判断もよくなり3試合目へ・・・

3試合目は上位パートに入るために勝ち点+得失点差が絡む大事な試合!!!他のチームは6・7得点と大差で勝っているため、子供たちには他チームを上回る10点とピッチを広く速い展開をすること(やりすぎないこと)で上位パートを目指し10点は取れなかったものの8点と、何とか上位パートへ進むことができました

得点者 カイ 4 シン 1 ユーキ2 タイキ1 シュンタ2 アユム1 アモン1

初日試合後、由比SSSさんと15×3本
子供たちにとってもコーチにとっても得たものは大きかったのでは???

2日目初戦は由比SSSさんと・・・

ミハタ vs 由比SSS ×2対3 ○河輪SSS 1対0 セントラル豊橋FC ○5対1

『立ち上がり5分と終盤を特に集中』『サイド展開等ピッチを広く』『声を出すこと』『1対1で負けない』『シンプルにパスを回す』こと等常に子供たちに言い続けることを伝えピッチへ・・・

上位パート初戦、vs由比SSSでは今期一番、白熱した気持ちのこもった内容でした・・・
立ち上がりもよく前半で2得点!!!が、給水タイムにもう1点取らないとやられると話した直後1失点前半終盤・後半では双方同じ(ボールウォッチャー)になりがちでサイド攻撃・守備の際に逆サイドがドフリーとなりミハタはチャンスをものにできず、由比SSSさんがものにしたことが残り2試合の課題となりました。

上位パート2試合目は初日ブロックで負けているチームとあってリベンジマッチとなりました。初日1点しか取れなかったので2点以上を目標に挑みましたが1点と、リベンジは果たしたもののもう1点が欲しかったしチャンスもあったので3試合目へと課題は残しましたが、2日目最終戦に奮起し5対1と内容もよくなって自分たちの手で準優勝を勝ち取ったこと、結果がついてきてことは誇りに思い、次回は優勝目指してコツコツと頑張っていきましょう!!!

得点者 カイ 3 シン 1 ユーキ2 タイキ1 シュンタ 1 
MVP  カイ

遠くまで応援に来てくださったご父兄の方々。また、サポートしていただいたご父兄の方々。
ウエノさんスガイさん本当にありがとうございました。

8月11~13日(土~月)・・御殿場ジュニアサッカー大会の観戦記(写真有)
ミハタ vs 若草FC ×0-2 他

担当:辻 雄卓

山梨で開催されている第32回富士山ジュニアカップへ10日から帯同し5年生Aの開会式5年生・6年生全112チーム参加『これぞ大会』という雰囲気のなか各会場へ移動。ブロック予選(2試合)を天然芝(最高の場所)での試合を見ることができました。また、「来年の大会をヴォルケーノ富士吉田ひがしのコーチからオファーの連絡があり現4年生に大きな舞台でのチャンスがありそうです。

コーチは一泊し御殿場へ移動し子供たちの到着を待ち現地でのタイムスケジュール(渋滞の為時間変更可能性)を本部と確認!!!

到着がキックオフ30分前と厳しい状態の中1試合目に・・・初戦の若草FCさんは都でもベスト16に入る強豪!!!ベストメンバーでの対戦・・・『立ち上がり5分と終盤を特に集中』『サイド展開等ピッチを広く』『声を出すこと』『1対1で負けない』『シンプルにパスを回す』こと等常に子供たちに言い続けることを伝えピッチへ・・・

ブロック予選では動きがよくなく1・2試合目とも決して内容がいいとは言えず1勝1敗で3位パートへ・・・

vs 若草FC ×0対2 vs FC天神湘南 ○2対1
得点者 ダニエル 1 ユーキ 1


夜のミーティングで修正点と2日目のスケジュール確認し速めに寝ることでコンディションを調整をと・・・夜更かしした子が多く二日目の1・2試合目は動きがよくなく3試合目にエンジンがかかりようやく1勝・・・結果は1勝1敗1引き分け・・・

ピッチの上で声をもっと出して欲しかった・・・声が出ることによって周りを見ることができプレッシャーの速いチームにも慌てず余裕を持っていいプレーが生まれることができること、前日は子供たちが夜更かしをし、立ち上がりから動けなかったので、普段クレーではなかなか多くできない負荷のかかったトレーニングを『がっつり』と!!!

vs バディー中和田 ×0対2 vs FC夏島A △1対1 vs 八松SSS ○4対1
得点者 ダニエル 1 ユーキ 2 タイキ 2

4年生は早く寝、最終日1試合は前半から動きがよく得点も・・・
ただ、プレッシャーの少ない中でもっと慌てず、声も出しプレーすることができればミスも少なく得点
できたかなぁ~

vs FC桜丘 ○6対0
得点者 ダニエル 2 ユーキ 2 タイキ 1 タイヨー 1

遠くまで応援に来てくださったご父兄の方々。また、サポートしていただいたご父兄の方々。
本当にありがとうございました。
至らないことがあったこととは思いますが、子供たちと一緒に日々成長していければと思います。


7月22日(日)・・多摩カップの観戦記(写真有)
ミハタ vs 光華スポーツ ○2-1 vs 青葉 ○1-1(PK6-5) vs さいわい ●1-6

担当:辻 雄卓 場所:和田公園グラウンド

相模原代表として参加し1日目を終え2位パート・・・2位パートでの優勝をと挑みましたが、決勝戦vsさいわい戦で、開始早々シンが得点!!!
これはいけるかと思いきやプレッシャー(寄せ)の速さ・一対一やサイドの攻撃で6失点・・・これから相模原以外での交流戦や招待試合では8人・9人制が主流となってきています。攻守の切り替えや8人・9人制やより精度の高いボールコントロールが必要!!!毎試合でした課題を日々の練習や交流戦で克服していきましょう!!!

ただ、最近の4年生のマナー等で目につくことがあり、試合よりも根性から鍛えなおさなくてはと思っています!!!
これからは子供たち同士の仲間意識の中で各自が少しでも成長してくれることを願います。

得点者
ダニー 1  ユウキ 1  カイ 1  シン1


7月21日(土)・・4年生Aチーム多摩市招待大会観戦記
ミハタ vs 永山 ○7-0 vs 国立SSS ●2-4

担当:梅澤 学 場所:聖ヶ丘小学校グラウンド

国立SSS戦は前半ミハタ、後半国立SSSさん判定決着なら!前半逆転して折り返しできたことはミハタッ子達のがんばりを評価できるが!後半同じように戦えていたらよい結果がでていたかもしれません。
この夏4年生にとって大きく成長するチャンスだと私は考えますがミハタッ子達がどう変化するか・ 楽しみです。大きくじゃ無くてもよい・小さくても良いので沢山のミハタッ子たちの変化を期待します。

怪我した子・泣いた子・悔しい思いの子・いろんな思いや経験できた大会になりました!!!
最後まで諦めずに戦ったミハタッ子たちありがとう!

大きな声援を送って下さいました御父兄の皆様、ありがとうございました。

試合結果・得点者
〔Fリーグ〕ミハタ VS 永山7対0 〔得点者〕ユウキ2 タイキ1 ミサキ1 シュンタ1
カイ1 レオン1
〔Fリーグ〕ミハタ VS 国立SSS 2対4〔得点者〕 ダニエル2

6月23日(土)・・県央リーグの観戦記
ミハタ vs 緑野 ○1-0  vs 中和田●1-4

担当:梅澤 学 場所:南林間小グラウンド

県央地区の沢山のチームと対戦できることをスタッフ、子供たち共に楽しみにしていますが
このリーグの中で各自が少しでも成長してくれることを願います。
4年生全員参加の理由としてチャンスとスキルアップが狙いとして考えていますのでチャンスを何人掴むかほんとに楽しみにしています。
私自身一緒に行動することも少なくなっているので一緒の時を大切に(笑)

考えているので腐らず前向きにがんばれ4年生ミハタっ子たち。

得点者
・カイ 1 ・ユウキ 1

6月17日(日)・・県央リーグの観戦記
ミハタ vs AYASE ○8-1  vs 海老名キッカーズ ●0-3

担当:辻 雄卓 場所:大谷小学校グラウンド

今回の県央リーグは全員に経験・アピールするチャンス!!!
出場するチャンスで個々のアピールは様々ですが、練習や交流戦等で自分からチャンスを掴んで・・・チームとしていい方向に向かっていきましょう!!!

5月26日(土)・・国立スリーセブンカップの観戦記
ミハタ vs 西堀K ●1-2他

担当:三畑 義昭 場所:国立河川敷グラウンド

5月のG・Wに開催を予定していた国立スリーセブンカップが雨のため順延し26日に行われました。天気は良かったものの相模原市の多くの学校が運動会で、座間市の選手と3年生で参加しました。
ジメジメする中、5試合を行う予定のこの大会… 12名で参加させていただいたので、交代できるのは4名。厳しい日程に不安がありましたが、子供たちは行きのバスで『5試合なんか余裕』と頼もしい声が聞こえてきました。
私の中では3試合目くらいから『も~無理』なんて声が聞こえてきそうでドキドキしていたのですが、その予想を大きく裏切ってくれました。
まさかの1試合終了時から数名が足痛い!ひざ痛い!の声が…

この大会の参加チームは確かに強いチームばかりでしたが、ミハタSCの選手と、さほど変わらないと感じました。大きく違うのは、試合に取り組む“姿勢”だと思います。

4年生チームと試合に行くことは少ないのですが、私がよく行く3・5年生と決定的に違うのは、試合前の準備から試合に向かう姿勢や、負けない!という気持ち。また、そんな中チームを引っ張っていける選手がいないことだと感じます。この大会に関しては周りに流されてしまい、今何をするべきかの判断ができませんでしたね。試合は、3試合目くらいから徐々に気持ちも見られて、悪い内容ではなかったように思います。数名の選手は最後まで走りきることができていました。高学年になって、やるべきことの判断も必要になってきます。自分で考え、今何をすべきなのか考えて行動してほしいと思います。

暑い中、5試合よく頑張りました。夏場に向けて良い練習ができたと思います。
みんなでキーパーを担当してくれたり、最後まで声を出し、走ってくれた3年生にも感謝したいです。

国立スリーセブンカップ
ミハタ1-2西堀K  ミハタ0-7元石川  ミハタ3-4国立A  ミハタ1-2国立G
ミハタ0-5国立S      0勝5敗 勝ち点0  第6位

5月19日(土)・・第19回法政大学多摩CUPの観戦記
ミハタ vs 宇津木SC ●0-6 vs 小山FC △1-1 vs 小山田SC ●0-6

担当:辻 雄卓 場所:法政大学多摩キャンパスグラウンド

初戦、立ち上がりが悪く、目標・目的をもって試合に挑まず、ただ淡々と試合をこなした子供たち!!!どんな試合でも一人ひとりが個人の目標やチームとしての目標をもって
一日を過ごしてもらいたいと vs小山FC戦へコーチも含めたミーティング。子供たちだけのミーティングで話し合い、残り2試合(ブロック)へと挑みました。
ブロック敗退はしたものの、半日間で少しでも子供たちの成長が見られ次へと更なるステップへ・・・
暑い中11人ぴったりと厳しい状況の中、全員が最後まで戦いぬいたことに光あり・・・
練習で更なるステップアップを!!!

沢山の保護者の方々のご協力とご声援ありがとうございました。

5月19・20日(土・日)・・・ミハタカップU-10の観戦記(写真有)
グループB ミハタ vs つくい中央 ○12-0他

担当:梅澤 学 場所:山梨県富士緑の休暇村グラウンド

ミハタカップ開催にあたり協賛してくれました皆様、ありがとうございました。
ミハタカップ初の県外開催で日程的に不参加チームが多い中、今回参加してくれましたチームスタッフ、関係者の皆様、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 ミハタスタッフの義昭さん、大会運営に辺り1人でよくやってくれましたこと感謝致します。

天候に恵まれた大会で・素晴らしいグランドコンディションで出来る喜びと日頃の練習の成果を思う存分発揮した2チーム同士の決勝戦!!!見ごたえ十分の戦いとなり埼玉県川鶴FCさんが見事な優勝で幕を閉じた大会となりました。また、今大会を通じチーム同士で交流を深められたことがこれからに繋がる意義のある大会となったのではないでしょうか・・・
ミハタ4年生チームとしては5位・・・決して満足できる結果を残すことは出来ませんでしたが一生懸命やった中での結果を受け止め、1対1の対応で寄せの甘さ・シュートに課題!!!
特にサイド攻撃をもっと効果的に使えれば、使えたときの攻撃がよかったので!
個々では練習でやっている技を試合の中でチャレンジする姿も見られ成長の証が見受けられたことが嬉しかったです。
得点王争いに入っていたタイキ・ダニエルの二人、悔しい思いも今後の活躍に期待します。
宿泊した施設等(食事含め)チーム関係者の皆様、子供たちが喜んでくれたこと・チームがひとつにまとまったこと・今後の更なるご活躍を強く願いさせていただきます。

チーム関係者、ミハタ保護者の方々のご協力のお陰で無事何事もなく大会を終えたこと感謝致します。

試合結果
(グループB)ミハタ VS つくい中央 12対0 FC鷹 6対0 川鶴 1対5
ミハタ VS 浜見平 2対4 〔決勝Tベスト8敗退〕
ミハタ VS ミハタ3 6対0 小山JFC 3対2〔12チーム中5位決定〕


4月22日(日)・・・新4年生新人戦の観戦記
ミハタ vs 南大野 ●2-4 vs 相模野 ●0-2

担当:辻 雄卓 場所:南大野小学校グラウンド

初戦、先制はしたものの、1失点から相手の流れに変わりつつ・・・
が、追加点を入れ後半途中まで2対1・・・最後の踏ん張りが効かず2対4と・・・
失点より得点!ゼロで終わらなかったこと、課題はあったものの次に繋がるゲームをしてくれました!!!
相模野戦は別会場移動のため見ることができなく残念・・・ただ、全員が最後まで戦いぬいたことに光あり・・・
練習で更なるステップアップを!!!

沢山の保護者の方々の声援ありがとうございました。

4月29日(日)・・・新4年生新人戦の観戦記
ミハタ vs 相東 ▲1-1 PK 2-3

担当:梅澤 学 場所:高田橋グラウンド

新人戦のリーグ戦、苦戦しながら決勝トーナメント進出したのでどんな戦いを子供たちがしてくれるか楽しみな気持ちで試合に挑みましたが、試合前のアップからみんな集中してよい顔していたのでいけるぞ!!の思いはありましたが結果はPK戦で敗退。
残念な気持ち、悔しさ、よくやった、がんばった、いろんな思い、言葉が浮かんでくるようなゲーム内容の試合でした。
子供たちにかける言葉も今振り返ると何を話したか覚えていないぐらい勝たせてあげたかったですが子供たちはよくやってくれました。ありがとう!!!!
課題もわかり克服しながらも良い部分を伸ばしながらトレーニングに励み笑って終れるようになる為!後はやるだけ。
御父兄の皆様、がんばった子供たちを褒めてあげてください。大きな声援を送って下さいましてありがとうございました。

4月22日(日)・・・新4年生新人戦の観戦記
ミハタ vs 鹿島 ○3-0 vs 星が丘○2-1

担当:梅澤 学 場所:大沢小学校グラウンド

2勝したことで次のステージに進むことが出来たことは褒められますが、このサッカーで子供たちが満足していたら今後苦労すること間違いなし!!!
子供たちがどう感じ、思い、今後動くかによって子供たちの伸びしろが変わると思います。
特にコントロール、パスの精度を今後あげられるかによって試合内容に関わってくると思いますので日頃の練習はもちろんですが自主練習が大切になりますので保護者の皆様も協力をしてあげてほしいですのでよろしくお願いします。

沢山の保護者の方々の声援ありがとうございました。

得点者
・vs 鹿島 レオン 2 ダニエル 1
・vs 星が丘 ダニエル 1 カイ 1

4月7日(土)・・・新4年生交流戦(FC六会湘南台戦)の観戦記
ミハタ vs FC六会湘南台

担当:辻 雄卓 場所:湘南台小学校グラウンド

実戦経験が少ない中で同じ繰り返しの失点多く見られました。一試合一試合の波はあるものの4年生全体的に底が上がってきています。新人戦に向けての激しいポジション争い良い方向に向かっています。今後が特に楽しみな学年です。

子供たちと共に大きく成長し充実した一年を!!!

今後ともよろしくお願いいたします。

4月7日(土)・・・新4年生交流戦の観戦記
ミハタ vs 秋葉台 ●1-3 ○2-1 ○5-0(20分ハーフ2本、20分1本)

担当:梅澤 学 場所:秋葉台小グラウンド

六会の山上さんの紹介で初対戦させていただきましたが秋葉台の福原さん、スタッフさん、保護者の皆様、お世話になりました。
今後とも、お付き合いの程、よろしくお願いします。
特に2本目の試合追いつかれた後の試合を今後も継続してできるかだと思います。
気持ちを前面に出したナイスゲームでした。
最後の1本のゲームも良い方向に向かっているので2チームとも新人戦がたのしみです。
保護者の方々、応援ありがとうございました。

得点者
ダニエル:3 カケト:1 シン:1 マナト:1 タイキ:1 シュンタ:1

以下は2011年度(3年生時)の観戦記・試合結果です。

3月20日(火・祝)・・・2・3年生交流戦の観戦記
ミハタ vs 帷子 ○2-1 vs 元石川 △0-0 △1-1(8人制15分3本)

担当:梅澤 学 場所:帷子小グラウンド

帷子SCの関係者、保護者の皆さん、お世話になりました。
 試合に遅れてしまい大変ご迷惑をお掛けしましたことお詫び申し上げます。
遠くまで応援にきてくれました保護者の皆様、ありがとうございました。
試合数が減りましたことお詫び申し上げます。
久々の8人制と3人の2年生に手伝ってもらい試合をやりましたが2年生以外の3年生の元気のなさと各自が何をしたくて何ができるのかチャレンジするようなプレーも少なく自信が無い姿が多く見受けられたように私には見えましたが、各自ができることを失敗など恐れずガンガンやってほしいですがまずは各自が考えできることから始めてほしいです。
どのポジションでも各自の心構えひとつで変われるので気づくと成長間違いなし!!!
 誰がこの状況から出てくるか私は楽しみです。
2年生の3人よくがんばってくれました!!ありがとう

3月11日(日)・・・3年生交流戦の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:大谷小学校グラウンド

幼稚園大会が急遽延期になり3年生交流戦に久々に帯同・・・
試合会場までのバス・コーチへのマナーが非常に悪くプレー以前に普段からの行いをチームとしてももちろん、コーチが携わっていない時間から心がけていかなければいけなのではないかと思いました。
最近は普段ゴールが使える環境で練習をしていたためダッシュ等のフィジカルトレーニングはやっていませんでした。天候もよく最近の練習ではなかなかできなかった、走りこみを試合前・試合の間に・・・
コーチと選手の関係・また、子供たち同士の関係をさらに同じ方向に向かって新人戦からU10 での山場である県大会へ一丸となっていきましょう!!!

子供たちと共に大きく成長し充実した一年を!!!

今後ともよろしくお願いいたします。

3月3日(土)・・・Kazoo CUP 3年生大会観戦記
ミハタ vs 南S △0-0他

担当:三畑 義昭 場所:コロナフットサル場

戦える8名で参加した今回のフットサル大会。3年生の試合は久しぶりですが、楽しんでプレーしてほしいですね。
前日の雨でピッチは滑りやすく、ボールも伸びる難しいピッチコンディションでした。
初戦の相手は“南JFC”さんです。開会式の関係でアップ時間も取れず試合へ…
なれないフットサルで、大きく蹴っても伸びるボールをコントロールできず、ピンチの連続!なんとか引き分けで試合終了しました。もっと近くでボールを受けることや“つなぐ”意識がほしかったですね。しかし2試合目まで少し時間が空いたので気持ちの切り替えが出来たのは大きかったですね。2試合目からは、徐々に近い選手を使ってゲームを組み立てることができました。出場した8名もよく動けていましたね。日程の後半は3試合連続になっていたタイムスケジュールを見て、驚くとともに3連勝で優勝を!と勢いが出そうな雰囲気もありましたので、逆に大歓迎です。3年生チームは気持ちのどこかに良くも悪くも“ゆとり”みたいなのがあるように思います。よく言えば悪い流れも止められますが、よい緊張感を維持できない弱さもありますね…(-_-;)。
しかし、この日はチームワークも良く最初は仲間のミスに文句を言っていた子も最後は『ドンマイ』や『ナイスプレー』の声が聞けました(ここが1番良かったと思います)
勝てば優勝、引き分け以下で2位が決まる最終戦は星が丘Aさんとの試合です。しっかりつなぎ、選手が連動している強豪チームでした。リクの好セーブやカイの運動量、ヒロのディフェンスにも救われ何とか勝利!久しぶりの優勝を決めました。
全員に得点のチャンスもあったし、何より楽しくプレーできたのではないでしょうか!?
閉会式前にはセパタクローの競技も見学&体験させていただきました。
あと1ヶ月で4年生に進級する子供達!この学年がどういう方向に向かっていくかは分かりませんが“サッカーを楽しむ”ことを忘れないで、選手として、何より人間として大きく成長してくれることを切に願います。
大会関係者の方々、応援していただいたご父兄の皆様、ありがとうございました。

KAZOOカップ 5人制12分   ミハタ0-0南S  ミハタ6-1南H  ミハタ7-1星が丘B
                  ミハタ4-2MIYAKAMI ミハタ4-2星が丘A
          4勝0敗1分  優勝おめでとう!

3月3日(土)・・・交流戦の観戦記
ミハタ vs 相東 ○4-1 ○2-0 ●0-4

担当:梅澤 学 場所:若草小グラウンド

1対1での攻守で勝つこと、ワンツーを使うことを意識させてやりましたが相手が落ちる相手にはできて相手がAチームになるとできないことがわかる試合でしたが3年生での出来ることの目標でもあるのでしっかりできるようになることを願います。

保護者様、寒い中の応援ありがとうございました。

2月11日(土・祝)・・・SFAカップサッカー大会(決勝戦)の観戦記
3年イエロー vs 中和田 △1-1 延長戦 ●0-3

担当:梅澤 学 場所:麻溝陸上競技場グラウンド

よくやりました準優勝おめでとうございます!
3年生久々の麻溝競技場での芝生でやる試合なのでメンバー全員出ることを伝えて試合に挑みました。
ここまでコンディション不足の中よく勝ち上がり戦ってきてくれたことに感謝します。
けやきカップ決勝でやられている相手なのでリベンジさせてあげたかったですが、結果延長戦3失点して勝たせてあげられず申し訳ない気持ちですがよく最後まで戦い抜いてくれたこと褒めてあげたいです。
4年生になると大きな大会に繋がる市の大会がありますので勝って大きな大会に出れるよう今後子供たちと一緒にがんばっていきますので今後ともよろしくお願いします。
声援送ってくれました父兄様、応援ありがとうございました。

得点者:カイ

2月11日(土・祝)・・・JFC FUTURO招待マクドナルドCUPの観戦記
3年ブルー vs 中野島FC vs 元石川SC-B vs 足柄FC vs コミュニティFC

担当:辻 雄卓 

7人制の15分ハーフ・・・2チーム登録4試合(各2試合)でしたが、いろいろなチームと試合をする経験をと思いフトゥーロのコーチにお願いし全員が4試合ほぼ均等に出場し何かひとつでも目標・目的を持って一日を終えてもらいたいと思いました。
ポジションも様々、7人制という変則的なゲームでしたが、全員が一試合・一試合何かを掴んで望めたと思います。低学年のうちは地味でつまらないかもしれないですが足元が重要だとおもいます。高学年から大人になった際に「足元をやっていて良かった」ときっと思えるでしょう!!!

初得点:タカト おめでとう!!!

これからもコツコツと頑張っていきましょう!!!

これからも子供たちと共にがんばっていきますのでよろしくお願いいたします!!!

サッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもってこれからも元気よくいいプレーを!!!
また、寒い中応援をしてくださったご父兄のかたがた、ありがとうございます!!!

2月5日(日)・・・SFAカップサッカー大会(準決勝)の観戦記
3年イエロー vs つくい中央 ○2-2 PK 4-3

担当:梅澤 学 場所:北公園グラウンド

久々の3年生の試合に帯同しましたが試合内容乏しく勝てたこと自体不思議ですが!!辛口ですが
 もちろん最後まで諦めず戦った結果ですが個々で何ができ、何をしたいかわからず連携したプレーも少なく終わったように感じました
次は御父兄様、子供たちにとっても久々の麻溝競技場の芝生でプレーができるのでメンバー全員ピッチに立たせますので決勝戦も今日以上の声援をよろしくお願いします。

得点者:ソラ、ダニエル

2月4日(土)・・・SFAカップサッカー大会(準々決勝)の観戦記
3年イエロー vs 星が丘 ○0-0 PK 7-6

担当:辻 雄卓 場所:高田橋グラウンド

準決勝をかけての公式戦・・・

交流戦等での調整もできないままにベスト4かけての公式戦!!!
怪我や風邪などアクシデントがあり内容が良くなかったもののPKで何とか準決勝へ駒を進めコーチとしても一安心・・・調整期間がないまま翌準決勝へ!!!
試合勘が戻っていないこともありどうしてもボールに寄ってしまう傾向が・・・
「運も実力のうち」とはこのことでしょうか・・・自分自身公式戦PKでの勝利はミハタに入って初めてでしたが、運も持ち合わせて準決勝・決勝(優勝)へいいプレーを魅せてもらいたいです!!!

これからも子供たちと共にがんばっていきますのでよろしくお願いいたします!!!

サッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもってこれからも元気よくいいプレーを!!!
また、寒い中応援をしてくださったご父兄のかたがた、ありがとうございます!!!

1月15日(日)・・・SFAカップサッカー大会の観戦記
3年ブルー vs 津久井 ●1-2

担当:辻 雄卓 場所:中央小学校グランド

 今年度初の公式戦・・・
後半共に子供たちは最後まで全力で戦い抜いてくれました!!!
接戦での攻防が続き全員が出場チャンスを与えることができませんでしたがチーム一丸となって挑めたことが今後に繋がる内容だったと思います!!!
後半15分を過ぎ、PKかと思っていたラストでの失点・・・悔しさが残りましたが確実にステップアップしていると思います!!!

サッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもってこれからも元気よくいいプレーを!!!
また、寒い中応援をしてくださったご父兄のかたがた、ありがとうございます!!!

1月15日(日)・・・SFAカップサッカー大会の観戦記
3年イエロー vs 共和 ○5-0  vs 相みどり ○6-0

担当:辻 雄卓 場所:弥栄小学校グランド

 今年度初の公式戦・・・
初戦はボールがおちつかずバタつく場面があり得点チャンスを逃す場面もあり中盤が間延びするケースがありましたが、後半は周りを見る余裕が出てきはじめ自分たちのペースに持っていけサイドや相手選手の間でもらう意識があり、いいプレーが見られたのではないかと思います。
結果5対0で2回戦vs相みどり戦へ・・・
ポジショニングの修正や相手の要選手に仕事をさせないようにすることで、危ない場面はあったものの全後半共に動きが良くなり決めるところを決め内容も含めよかったと思います!!!
勝ち試合にも課題はありましたが、これからの練習や交流戦で調整し上を目指しチーム一丸となって頑張っていきましょう!!!これからも子供たちと共に来年度もがんばっていきますのでよろしくお願いいたします!!!

サッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもってこれからも元気よくいいプレーを!!!
また、寒い中応援をしてくださったご父兄のかたがた、ありがとうございます!!!

12月25日(日)・・・vs.鳶尾(選抜)の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:鳶尾小学校グランド

 私自身も勉強です・・・
 子供たちと共に来年度もがんばっていきますのでよろしくお願いいたします!!!

 これからもアウェーでの試合が続きます。プレーもさることながらマナーも含めチーム一体となって頑張っていきましょう!!!
 サッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもってこれからも元気よくいいプレーを!!!

12月24日(日)・・・六会湘南台招待試合(選抜)の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:六会小学校グランド

<予選ブロック>
ミハタvs六会B 1対1
ミハタvs上南  5対0
<順位決定戦>
ミハタvs城北  7対0

 周りを見れいて逆サイドをつくいい動きができました。自分のミスで子供たち・ご父兄には迷惑をかけた部分がありましたが、子供たちは最後までがんばってくれました!!!
 来年もいいプレーを見せてもらえるよう私もがんばりますのでよろしくお願いいたします。

 サッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもってこれからも元気よくいいプレーを!!!

12月11日(日)・・・リーグ戦(イエロー)の観戦記

ミハタvs.南大野A・○1:0

担当:梅澤 学・辻 雄卓 場所:南大野小学校グランド

リーグ優勝おめでとう!!!

3年生イエロー リーグ戦  
vs南大野A 1対0

 ON・OFの状態で周りを確認し逆サイドへの展開をもっと意識することが出来ればよりいいプレーが生まれたと思います。これからの練習で周りの選手の動きを見ながら慌てずプレーすることが課題として残りましたが、僅差の攻防戦で勝ってリーグ優勝できたことは子供たちにとって、コーチにとって次へのステップとして好かったと思います。リーグ戦は終わりましたが、まだ招待試合・大会等が続きます。チーム一丸となって頑張っていきましょう!!

サ ッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもってこれからも元気よくいいプレーを!!!

12月11日(日)・・・リーグ戦 3年生 選抜 (4年生リーグ戦) 

担当:辻 雄卓 場所:國學院大學淵野辺グランド

vsティガー相模原FC ●1対4(リーグ戦)
vsティガー相模原FC △0対0(フレンドリーマッチ)
4年生リーグ戦へ3年生選抜が挑みました、前半から積極性がなくプレッシャーが遅くミドルシュートやコーナーからのセットプレーの競り合いがリーグ戦での課題となり、フレンドリーマッチではもっと積極的にプレッシャーをかけるようにプッシュ・・・相手のゲームメイクはうまかったもののチャンスを作ることやDFの対応もリーグ戦より良く更なるステップアップになったのではないでしょうか・・・
これからもアウェーでの試合が続きます。プレーもさることながらマナーも含めチーム一体となって頑張っていきましょう!!!

12月4日(日)・・・リーグ戦(イエロー)の観戦記

ミハタvs.上南SC・○6:1 ミハタvs.大沼SC・●0:1

担当:辻 雄卓 場所:上溝南小学校グランド

 残り3年生リーグ戦等はいろいろなポジションをやってもらうことが多くなると思います。ひとつのポジションしかできないと選抜での遠征の際にどのポジションでコンバートされるかわかりません。様々なポジションを経験することでどのポジションでコンバートされてもいいようコーチとしても考えています。リーグ戦一敗はしましたが、まだまだリーグ優勝の可能性は残っています。練習・交流戦も含めいい形で来年へ繋げていきたいと思っています。

 サッカーの出来る喜びをお母さん・お父さん・支えてくれているスタッフへ感謝の気持ちをもって元気よくいいプレーを!!!

11月27日(日)・・・リーグ戦(ブルー)の観戦記

vs南大野B・△0:0 vsOSJ・●1:2

担当:辻 雄卓 場所:大野小学校グランド

ミハタBvs南大野B 0対0
ミハタBvsOSJ  1対2

 昨日の戦いが良かった分、今日しっかりと戦えるか楽しみでしたが試合前に今日しっかりやれることが大切、継続して戦えるかの話をしてから試合に挑みましたが2試合とも勝利することはできませんでしたが良いゲームをしてくれたことは評価できみんなの成長が見られた試合にもなりましたが、もっと成長したければ悔しさから努力することだと思います。
 ブルーチームのお父さんが負けてもこどもたちが悔しがらないどうしてだろう!!!
 私は良い意味では気持ちの切り替えが早い、悪い意味ではサッカーに対する取り組む姿勢に関係してくるのではと考えられますが、子供たち自らの変化に焦らず期待をしたいです。

 父兄に方々の2日間の声援、お手伝いしてくれました皆様方ありがとうございました。

11月26日(土)・・・リーグ戦(イエロー)の観戦記

vs共和B・○4:0 vs相東・○3:1

担当:梅澤 学 場所:共和小学校グランド

ミハタ黄vs共和B ○4対0
ミハタ黄vs相東  ○3対1
 練習で行っている1対1・2対1やファーストタッチでスペースへ動くこと、声を出して指示を出すことはまだまだ過大として残ったものの、プレッシャーがかかった状態で慌てずプレーすることが出来てきていると思います。周りの選手が声を出すことによってより余裕の持ったプレーに繋がりもっといいプレーが生まれるのではないでしょうか!!!スポーツにミスは付きものです。ただ、声を出すことでON(ボールを持った)の選手が慌てずチームとしてよりいいプレーに繋がると思います!個々のプレーだけに頼らず仲間を信頼しまた、チームの輪を大切にプレーすることが大切です。また、今年いっぱいは全てアウェーでのゲームになります。ピッチの外でもマナーをしっかり守れる様にコーチ・選手共に成長していきましょう!!!

ピッチの中で元気よく!!!
また、ご協力くださったご父兄の方々、本当にありがとうございます!!!

これからもよろしく御願い致します!!!

11月26日(土)・・・リーグ戦(ブルー)の観戦記

vs共和A・○4:0 vs南・○4:0

担当:梅澤 学 場所:共和小学校グランド

ミハタBvs共和A 4対0
ミハタBvs南   4対0〔リーグ戦、フレンドリー〕

メンバー全員が相手に走り負けない声を掛け合い最後まで諦めず戦った結果が良い方向に行き勝利することができました。この間、対戦させていただいた南さんにも素晴らしいゲームをして勝つことができ自身になったのではないでしょうか!!!     
 明日のリーグ戦も継続して良いゲームに期待をしたいです。
 声援してくれました父兄の方々、ありがとうございました

11月20日(日)・・・町田JFCオープン(招待試合)の観戦記

vs町田JFC(境川)・○4:1 vs町田JFC(木曽)・△2:2 vsOSJ・○5:1 vs町田JFC(第一)・●0:6

担当:辻 雄卓 場所:町田第一小学校グランド

ミハタvs町田JFC(境川)  ○4対1
ミハタvs町田JFC(木曽)  △2対2
ミハタvsOSJ        ○5対1
ミハタvs町田JFC(町田第一)●0対6
 ブルーチームにとっては久々の招待試合・・・普段の練習の成果をだすいい機会がやってきました!!!
 グランドの関係でなかなかゲーム形式での練習は出来ませんが、3試合目までは特にいいプレーが見られたのではないでしょうか。特に2試合目は失点から同点に追いつき、最後まで諦めない意識が見られよかったと思います。課題として、足で行かずに体をしっかり入れる・声を出すことをベンチからではなくピッチ上でもっと見せてほしかったです!!!また、前へ急がず、中盤やDFへ下げサイドへの展開も声を掛け合うことでもっと余裕を持ってプレーすることが出来るのではないでしょうか!!!
 4試合目は完全に足が止まってしまいました!!!良い面・課題共に見られた招待試合だったと思います!!!
 また、協力くださったご父兄の方々、本当にありがとうございます!!!

 これからも応援よろしく御願い致します!!!

11月13日(日)・・・リーグ戦vs.作の口の観戦記(ブルー)

担当:三畑 義昭 場所:作の口小学校グランド

 リーグ戦も残り4試合となりました。
 試合は、5-0での勝利でしたが、チームとしては機能できていなかったように感じます。
 どんなチームを相手にしても、練習していることを変えずチームの“形”で戦ってほしいです。
 しかしフレンドリーマッチでは、マナトの初ゴールも惜しかったし、翔大のディフェンスもよかったりと、成長も見られました。あと数ヶ月で4年生ですね。ただ試合をするのではなく、しっかりと目標を持って挑んでほしいですね。
 ご父兄の皆様、応援ありがとうございました。

市リーグ戦
ミハタ5-0作の口    フレンドリーマッチ ミハタ2-6相模台

11月5日(土)・・・リーグ戦(ブルー)の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:三段の滝グランド

ミハタvs大沢 1対3 
ミハタvs新磯 3対0

 人数ぎりぎりのリーグ戦が続いています。
 選抜メンバーが数人はいっているものの少ない人数で挑んでいますが、場数を踏むことで成長が見られる試合でした。
 これからの成長が楽しみな内容だったと思います!!!

サッカーの出来る喜び・お母さん・お父さんへ感謝の気持ちをもって元気に笑顔でいいプレーを!!!

10月30日(日)・・・湘南ミラネーゼ大会予選の観戦記

担当:武藤 弘明 颯良パパ レポート:三畑 義昭 場所:職業能力開発大学グランド

 4年生とのW優勝を目指して挑んだ湘南M大会!かなり厳しい試合日程(空き時間が長く)
と今にも降り出しそうなお天気…
 嫌な予感は決勝トーナメント進出をかけた3試合目に的中しました。
 PK戦もあり4時間待っての試合は時計の針は5:00前… 薄暗さは一気に暗闇へ!
ボールも選手も見えない中の試合は蹴ればチャンス、蹴られればピンチの“キックベース”のような試合。結局、試合は後半に入ったところで再試合の判断になりました。
個人的には、試合を行うのは無理があったように思いましたが…
再試合ができるかは現時点では微妙なようですが何とか試合させてあげたいですね。
内容は今一つだったようですが、決勝Tに進出できたし長い空き時間も3年生にしては、
上手に過ごせたのかなと… 優勝まであと3連勝!自信を持ってプレーしてほしいですね。

<湘南ミラネーゼ大会1日目(8人制)グループD>
 ミハタ6-0FC今宿 得点者アユム①ダニエル②カイ①ソラ①ユウヤ①
 ミハタ4-1新林SC 得点者ダニエル③レオン①
 3試合目 中止

10月29日(土)・・・リーグ戦(ブルー)の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:内出グランド

3年生ブルー リーグ戦
三畑vs相模野 0対5
 1試合目、キックオフ直前到着でアップをほとんど無しで挑むこととなってしまったコーチのミス、本当に申し訳ありません!!
 相模野戦ではボールに寄ってしまう傾向やマークを外してしまうことが多く見られ、相手選手で足の速い子がフリーでシュートまで・・・結果、失点に繋がり大差で負けてしまいました。一人ひとりが自信を持ってプレーすることが一番の課題となったと思います。

3年生ブルー リーグ戦
ミハタvs南JFC 0対1
 相模野戦の課題を南JFCさんとの試合で出来るようミーティングし子供達一人ひとりがいろいろなアイディアを出し結果負けてしまったものの内容は悪くなかったのではないでしょうか!!決定力不足・ポジショニングが大きな課題となったゲームでした!!!11人ちょうどと体力的にも苦しい日でした・・・大きなグランドがなく、ゲーム形式での連携が取れない部分もありますが、成長している部分が見えこれからが楽しみなチームです!!!

 サッカーの出来る喜び・お母さん・お父さんへ感謝の気持ちをもっていいプレーを!!!

10月16日(日)・・・リーグ戦vs.田名・橋本・大野台の観戦記(ブルー)

担当:福崎 ダニー  場所:橋本小学校グランド・大野台グランド

<場所:橋本小学校グランド>
ミハタvs田名FC   2対1
ミハタvs橋本FC  4対0

<場所:大野台グランド>
ミハタvs大野台FC 2対1

10月15日(土)・・・リーグ戦(イエロー)の観戦記

担当:辻 雄卓 梅澤 学 場所:鶴園小学校グランド

ミハタvsバディー中和田 2対0

 要の選手を抑えること・一人目がプレッシャーをかけ二人目でカットする(チャレンジ&カバー)の練習成果が見られた試合でした。キーパーからの指示もよくでていました。また、相手選手の間で顔を出すことでフリーの状態でボールをコントロールし前を向くことがより出来るようになり、グランドコンディションの悪い中でもボールを回す意識があり、ソラとWアユムの得点にも繋がりvs中和田戦でリベンジできたのではないでしょうか・・・
 明日のリーグ戦へコンディションを整えて頑張っていきましょう!!
 サッカーの出来る喜び・お母さん・お父さんへ感謝の気持ちをもっていいプレーを!!!

10月10日(月・祝)…3年選抜(けやきカップ)の観戦記
準優勝おめでとう!! 応援ありがとうございました~

担当:梅澤 学 場所:高田橋グランド

ミハタvs南大野 1対0〔準決勝〕
ミハタvs中和田 0対2〔決勝〕

 準決勝の南大野戦は予想通り接戦になりましたが相手より決定機を多く作り走り負けずにがんばった結果だと思いますが、特に試合前は立ち上がりの試合の入り方の支持と守り方諦めず戦うことを伝えましたが相手の良いところを出さずに終えたとても良いゲームだったですが、決勝戦の中和田戦は勝てなかったことより自分たちがやりたいことがあまりできなかったことのほうが悔しかったのではなかったでしょうか!!!
 大勢の御父兄の方々、メンバー以外の3年生の応援の期待にこたえたかったですが今回3年生代表として11名で大会に臨みましたが内1名入院、2名体調不良の中での準優勝はよくがんばりました。応援ありがとうございました。
 悔しい気持ちが今後子供たちの成長に役に立つものと願います。

〔チーム賞シュンタ〕
 良いプレーがたくさん見られた大会でしたがみんなを代表して勝利ゴールを決めたシュンタに送りました。

10月10日(月)・・・市リーグ戦vs星が丘の観戦記(ブルー)

担当:三畑 義昭 三畑 義昭 場所:星が丘小学校グランド

 この日の3年生は、選抜チームが“けやきカップ”決勝戦のため、時間を遅らせての試合となりました。久しぶりに3年生ブルーの試合を見るので、成長を楽しみにしていましたが、激闘の2試合を終えた選抜チームの3人に頼りすぎているように思いました。
 失敗してもいいから“自分が決めるんだ”という気持ちを見せてほしかったです。
 試合は2点を追いかける展開からカイの2ゴールで何とか引き分けに終わりました。
 厳しいようですが、ボールばかり見て、ボールにつられてしまい、さらにボールを怖がる子、人任せにしてしまう子が驚くほど多いことにビックリしました。失敗を恐れずチャレンジし、今日は何が出来て、何が出来なかったのかを考え、課題にしたり自信を持ったりして、成長してくれることを願います。
 時間変更で主催していただいた星が丘さん、ご父兄の皆様、ご迷惑をおかけしました。

市リーグ戦 VS星が丘2-2  

10月8日(土)…3年選抜(けやきカップ)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:高田橋グランド

ミハタvs相模台 3対0 〔ベスト8〕

 試合前にみんなに伝えたことはミハタ3年生みんなの代表なので最後まで諦めず責任持ってプレーすること、自分のプレーを心掛けよう、ボールを蹴らせないよう守りをしっかりとやること、真ん中、サイド攻撃を使いながらスペースを見つけ動いてボールを受けられる、各自この中で一つだけでも出来れば合格の話をして試合に挑みましたが、みんなひとつは出来合格点あげても良いですがチームとしては良い方向に行かずあまり良くないゲーム内容でしたが相手チームに助けられ決めるところをしっかりゴールしたユウヤ、ダニエルに拍手を送りたいです。
 今日のようなゲームでは次の準決勝では通用しないでしょうが気持ちを切り替えてやってくれることを信じたいです須貝さんお手伝いありがとうございました。御父兄の方、応援ありがとうございました。

〔得点者〕ユウヤ2、ダニエル1

10月2日(日)・・・交流戦の観戦記

担当:辻 雄卓 三畑 義昭 場所:JFCフトゥーログランド

交流戦 (5人制) 
ミハタvsさぎぬまSC
ミハタvsJFCフトゥーロ

 フットサル形式サッカーでの交流戦・・・
 勝敗関係なく何かひとつでも目標をもって一日を過ごし達成できたことや次への課題も含め得てもってもらうこと、
 楽しんみながらいいゲームを目的に・・・
 両チーム共に足元もありいいチームでした!!
 プレッシャーをかける際に足先でいってしまい交わされる場面も・・・
 個々に考えながら楽しくプレーできたと思います!!!

9月25日(日)…3年リーグ戦(ブルー)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:相模台グランド

ミハタvs相模台 3対1 〔交流戦〕0対0                         

 新しくブルーチームに変わってから試合は初めてなので楽しみでしたが休みの子を除く12名の子供たちは沢山の御父兄の方々の応援のお陰でいつも以上のがんばりをみせてくれたことが私はうれしかったです。ほんとにありがとうございました。
 今日の試合は個々がやりたい、したいことを試合の中でチャレンジしてくれるか失敗を恐れずにやれるかに私は子供たちに試合前に話しましたが、うまくなる子成長する子の違いはこの部分が大きいように思います。チャレンジできた子が多かったので良いゲームができた結果、試合にも勝てることが出来まして自信になってほしいですが数名遠慮してのプレーがみられたので、変わってくれたらもっと良いチームになれると思いますので、後は個々の気持ち意識の問題ですので変わってくれることに大きな期待を持ちたいです。
 みんなもっと自信を持てれば良いプレーが沢山増えるはずなのでまずはこの部分を持たせてからなのでそうなるとサッカーがもっと楽しくなり上達が早いと思います。
 これから寒い季節に変わりますが今後とも子供たちの応援をよろしくお願いします。今日は素晴らしい声援ありがとうございました。

9月19日(月・祝)…3年リーグ戦(イエロー)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:根小屋グランド

ミハタvsつくい 2対1 (交流戦 2対5)

 お互いのチームがボールによりすぎた場面が多かったように見えた試合でしたがミハタチームの方がつなぐ意識が少し上回りパスワークからの2点目は見ていて素晴らしいゴールでした。
 試合前相手のプレスにあわてずにプレーを心掛けることを伝えておくりだしましたが始めは余裕がなかったですが慣れてくると自分の良いプレーが出せるようになってからは何度かチャンスつくるもいかせない状態が続きましたが最後までしっかり戦ってくれたと思います。3点目を決めることができていたらもう少し楽な展開になっていたでしょう。
 暑い中交流戦含めてみんなよくがんばりました。交流戦でのミサキのゴールは自信になったはず!!!
 御父兄の方々、暑い中の応援ありがとうございました。

9月18日(日)・・・3年生けやきカップの観戦記

担当:梅澤 学・辻 雄卓 場所:高田橋グランド

ミハタvsつくい中央 5対1 
ミハタvs星が丘   6対0 

 大凧Gが使えなく、当初予定していた日程より遅れて高田橋グランドでの開催!雨も予想されていましたが時間が経つにつれて暑く、風も強く前後半で展開が変わると予測し風を背に前半で得点を以下に取るかが勝敗を分けること、けやきカップは、いつもの大会や交流戦と違ってベンチから声を出せないので、今まで以上に子供たちが声を掛け合い半身でフリーの状態でボールコントロールし自分たちのペースにもっていきいいプレーができることを試合前に子供たちと話し、試合で成果を挙げてくれたと思います!!流れの中で崩したり声を出し合ったり次のトーナメントvs相模台戦へいいスタートダッシュができたとおもいます!!!
 ハットトリックしたダニエル君、またそれに繋がるプレーをした他の子供達、
 次の相模台戦でもいいプレーを期待しています!!!

9月11日(日)…リーグ戦(イエロー)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:名倉グランド

ミハタ vs 藤野FC 5対0
 (交流戦)     0対1
 台風でグランドが流されてしまいグランド変更により子供たちの練習時間が変わり皆様方にご迷惑をおかけしていますが今後ともご協力をお願いします。
 初戦のリーグ戦でしたが暑さとバス移動が長かった為、調子崩す子が多い中の試合でしたが緊張からか始め動きが硬かったですが慣れてきてからは良い動きやパスなど良いプレーが沢山見られましたが最後のシュートの制度が悪く得点に結びつけなかったですが子供たちもシュートの大切さ大事さを改めて知られたゲームでもあったのではないでしょうか!!!交流戦得点できなかったので反省してもらい次の試合はゴールを決めてほしいです
 このリーグ戦でイエローチームのみんなが一皮向けてくれることを願いつつ楽しみにしています。
御父兄の方々、暑い中遠くまで応援ありがとうございました。

8月28〜29日(日〜月)・・・合宿交流戦の観戦記

担当:梅澤 学 場所:愛川ふれあいの村グランド

ミハタVSつくい中央 1対5 3対6 
ミハタVS大野台   1対5 2対3

 1泊2日の合宿でしたが3年生の成長した姿が見られました。去年の合宿を思い出すと泣いていた子達が今回の合宿では1番上の学年になり下の学年の見本になろうとゆう姿勢がみられ、行動で示していたので嬉しさと子供の成長の早さに驚かされました。試合の方は3年A,B前、後半分けて行いましたがBチームに点がとれなかったのが残念!!!
 朝ご飯前から走りこみもでき沢山走ることができたのでとても実り有る合宿を送ることができたのも子供達が頑張ってくれたお陰です。行きは服部牧場、帰りは宮が瀬ダムに行き楽しそうにみんな笑顔で遊んでいました。
 試合に応援にきてくれました御父兄の方々ありがとうございました。

8月20日(土)・・・交流戦の観戦記(8・11人制)

担当:梅澤 学 場所:下磯部大凧グランド

 久しぶりの交流戦、各自さまざまな気持ちを抱いてグランドに集合したことでしょう。休みが長い中、体動かせていた子、動いていなかった子がいましたが仲間たちと久しぶりに会いサッカーを一緒に楽しむことが今日1番の目的だと私は思います。試合の間が開き3年生がどのようにその時間使うのか見させてもらいましたが、遊びはじめたので試合観戦させたりしましたが本当はこのような行動は取りたくはありませんでした。3年生全員、サッカーの取り組み方や姿勢などを教えていきたいです。
 私自身、途中参加でしたがみんなの笑顔が沢山見られたのでよかったです。試合をしてくれました鹿島さん、浜見平さんありがとうございました。
 お忙しい中、沢山応援に駆けつけてくれました御父兄の方々、ありがとうございました。

8月3日(水)・・・交流戦の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:下磯部大凧グランド

3年生(イエロー)
 vs中和田A 0対0
 vs中和田A 0対2
 vs中和田A 2対1
 vs中和田A 0対2 
3年生(ブルー)
 vs中和田B 0対6
 vs中和田B 0対2
 vs中和田B 0対2

 3年生の課題として『声を出す』ことによりボールを受ける準備ができ慌てずプレーすることがで、よりいいプレーが出来ると思います。また、これからさらに暑い日が続き体力も必要になります!!!
 体力強化も含めこれからが正念場です!!!けやきカップではベンチから指示を出すことができない大会です!!
 もっと、子供たちが声を出すことが第一の課題ではないでしょうか・・・
 常に上を目指しこれから、もっともっといいプレー・プレーヤーになるよう頑張っていきましょう!!!

7月24日(日)・・・交流戦(イエロー)の観戦記(8人制)

担当:梅澤 学 場所:下磯部大凧グランド(20分X4本)

ミハタA対TIPS 2対1 6対0  ミハタVS成瀬 3対0 3対0

 コントロールミスが目立つのが気になりましたが、ミスを恐れてかチャレンジしないのがもっと気になりましたがもう少し個々が自由にプレーできるやり方も良いのかもと感じた試合でしたが練習からの意識改革がもっと大事ではと思いますがまだまだ3年生なので焦らずやって生きたいと思いますのでよろしくお願いします。
 父兄様、応援ありがとうございました。

7月24日(日)・・・交流戦(ブルー)の観戦記(11人制)

担当:辻 雄卓 場所:下磯部大凧グランド

vs.1試合目TIPS  0対0
vs.2試合目成瀬  0対1
vs.3試合目成瀬  0対4
vs.4試合目TIPS  0対5
「周りを見てスペースを使う」「声を出す」「前に急ぎすぎない」「周りを見てスペースを使う」序盤固まる傾向がありました。もっと声を出し周りを見ること、1対1で負けないことやスペースを使ってシュートまでいき得点力アップに繋げていくことが今後の課題ではないでしょうか!!!

練習・交流戦でもっとアピールしイエローのこのポジションを脅かす存在に成長していきましょう!!!

7月23日(土)・・・相模台カップ(イエロー)の観戦記(11人制) 相模台カップ優勝おめでとう!!

担当:辻 雄卓 場所:相模台小学校グランド

vs.1試合目鹿島(ブロック) 4対0
vs.2試合目大沼(ブロック) 5対1
vs.3試合目相模台(決勝)  2対0

「周りを見てスペースを使う」「声を出す」「前に急ぎすぎない」ことで余裕を持ったプレーに繋がると試合前に話し試合に挑みました。前半前へ急ぎすぎ慌てたプレーが目立ち決定的場面を外すことが目立ちました。慌てず周りを見る判断が出来るようになりよりいいプレーができ得点にも繋がってと優勝!!スタメンの子もベンチスタートの子も全員の力を合わせ最初から最後まで全力で戦ったことで優勝6連覇達成!!!

ベストプレーヤー賞、ギリギリまでかなり悩みましたが少ないチャンスで活躍したユーガ君へ・・・
他の子供たちもいいプレーをしたのでがんばりましょう!!!

 ご父兄のご協力も得ながら得た価値ある優勝ではないでしょうか!!!
 よろしく御願いいたします!!!

7月17日(日)・・・交流戦(イエロー)の観戦記(8人制)

担当:梅澤 学 場所:川越西小学校グランド

ミハタ対川鶴FC  0対2 0対1 0対2 
ミハタ対バッハロー 3対2 2対1  
 11人で交流試合に埼玉までいきましたがこのような経験を積むことで子供たちが強く成長してくれることを期待して試合に臨みましたが8人戦なれていないので課題が見えたゲーム内容でしたが普段出来ない相手とゲームできたのが1番の収穫です。招待してくれました川鶴さんありがとうございました!またよろしくお願いします。
 調子崩す子も多かったですがみんな暑い中よくがんばりましたし、8人戦の大会もありますので練習を大切にチーム作りしていきます。
 遠いところ応援に来てくださいました父兄の方々、本当にありがとうございました。

7月16日(土)・・・交流戦(ブルー)の観戦記(対戦結果の表あり)

担当:辻 雄卓 場所:下磯部大凧グランド


vs.1試合目芹が谷(20分)   1対1
vs.2試合目鹿島K(20分)   1対2
vs.3試合目町田JFG(20分) 0対3
vs.4試合目(20分)成瀬    2対2
vs.5試合目(20分)高ヶ坂   1対2
vs.6試合目(20分)ミハタA  0対4

 序盤固まる傾向がありましたが、徐々に視野が広くなってきました。まだまだ、ボールに集中する傾向がありますが、これからの練習や実践で経験をつみよりいいプレーヤーになってくれればと思います。今日の試合では失点より、ビハインドから同点に追いつくことや最後まで諦めないことが成果だったのではないのではないでしょうか!!!声も少しずつ出るようになり、これからもっと声を出すことや周りの選手を使って視野を広くもってプレーできればよりよいサッカーが出来ると思います!!!今日のゲームは今後に繋がるゲームを見せてくれたんではないでしょうか!!!
 ご父兄のご協力も得ながらより楽しく厳しいサッカーをしていきましょう!!!
 よろしく御願いいたします!!!

7月3日(日)・・・交流戦(イエロー)vs.中和田の観戦記(11人制)

担当:梅澤 学 場所:下磯部大凧広場グランド

ミハタvs.中和田 2対0 1対0 4対0 3対1 1対5〔20分×4本、15分ハーフ〕
 個々が声を出すことを目標に試合をしましたがまだまだ出せないことに残念さを感じます。次の試合ではしっかり出せるよう練習から準備していきます。普段点を入れないタイキ、ユウキ、ユウガの得点がうれしかったです。
 父兄様、暑い中応援ありがとうございました。

7月3日(日)・・・交流戦(ブルー)vs.中和田の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:下磯部大凧グランド

1試合目(20分)   0対2
2試合目(20分)   0対3
3試合目(20分)   0対3
4試合目(20分)   0対3
5試合目(15分ハーフ)2対1
 実戦経験が少ない中で、失点や得点より、まずは周りの選手が声を掛け合うこと(マークがついている・フリー・や逆サイ)を目標にすることで相手選手の間でボールをもらう意識をもって中和田さんとの試合に挑みました!!!
 今日の試合ではベンチからの指示は多くは出しませんでしたが、ポジショニングや声を出すことが自然と出来るよう練習や交流戦でコーチングしつつ、練習やゲームを重ねブルーの子供たちも無意識に声がでるプレーができるようがんばっていきましょう!!!
 5試合目は最初の試合より声が出て2得点!!
 今後に繋がるゲームを見せてくれたんではないでしょうか!!!
 ご父兄の意見やご協力も得ながら子供たちと、より楽しく厳しいサッカーをしていきましょう!!!
 よろしく御願いいたします!!!

6月25日(土)・・・交流戦(vs.南大野・浜見平)の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:下磯部大凧広場グランド

 あじさいカップ後初の交流戦、ポジション・イエロー・ブルー混合で次の公式戦へ向けて子供たちがアピールし、かつ楽しんでプレーしたのではないでしょうか!!!
 次に向けてアピールし頑張っていきましょう!!!

6月19日(日)・・・あじさいカップ(イエロー)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:南大野小学校グランド(11人制)

 ミハタA vs 津久井 X 1対2〔ベスト8〕
 厳しい試合になると思っていましたが立ち上がり相手に主導権を握られ嫌な展開でしたが1対1で勝てるようになってからはチャンスを作れるようになりましたがシュート決められず、後半相手に2点入れられ、1点目はミスから、2点目はフリーキックから、さすがに2点目はみんな集中力が落ちてしまうぐらいガックリきたが最後みんなで戦った負けたくない姿勢が1点返し、何本か打ったシュート同点にはなりませんでしたが素晴らしい粘りあるプレーをみせてくれた子供たちにありがとうの言葉を送りたい。
 負けはしましたが面白い試合をした子供たちも悔しいでしが悔いのないゲームが出来たと思います。
3年みんなで決めたこの大会の優勝はたせなかったですが、同じ目標を持ち戦った3年生みんな成長させてくれた大会になってくれたと私は願います。
 残念な結果で終わりましたが、大声援を送ってくれた御父兄様ありがとうございました。これからもご協力よろしくお願いします。

6月12日(日)・・・あじさいカップ(イエロー)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:桜台小学校グランド(11人制)

 ミハタA vs 相東 ○2対1 〔決勝トーナメント〕
今日から負ければ終わりのトーナメント戦。
始め緊張からか動きが硬く自分たちのペースのサッカーができなかったが、動きが良くなってからは1対1で勝てるようになり、ルーズボールを拾えるようになってから攻撃に移るまでの展開が良かったから、ゴールできたと思います。
 特にサイドのダニエルがよかった。サイドからのボールにしっかり合わせられると、ゴールが増えると思います。練習で声を出す意識をもっと意識させれば試合でもっと良いプレーが見られると思うので
続けて取り組んで行きます。
 みんなでもっと良いゲームができるようがんばりますので、よろしくお願いします。
 父兄様、応援ありがとうございました。

6月5日(日)・・・あじさいカップ(ブルー)の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:名倉グランド

X vsみどり (11制) 0対2
X vs星が丘 (11制)  0対2
 試合前、個々の目標・チームとしての目標を子供たちで話し合い、またコーチからのアドバイスとして声を出すことやスペースを使うこと、一対一で負けないことを話し対みどり戦へ・・・前半押されてはいたものの0対0で折り返し後半も耐えながら(キーパーのファインプレー)少ないチャンスがありましたが、数少ないチャンスでの決定力が勝敗を分けたと思います。
 2試合目の星が丘戦ではブルーの子全員での総力戦でみどりの試合で出ていない子もプレーし失点はしたものの子供たちが皆頑張ってプレーし、結果負けはしたものの次に繋がるプレーをしてくれたと思います。
 最後まで諦めない気持ちをもち練習・交流戦や公式戦でがんばっていきましょう!!!

※気になったこととして、試合前アップや挨拶・会場でのルールはプレーにも出てきてしまうのでコーチからも注意しご父兄のご協力も得ながらがんばっていきましょう!!!

6月5日(日)・・・あじさいカップ(イエロー)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:高田橋グランド(11人制)

○ミハタA VS 大野台 ○2対0 〔予選リーグ〕
○ミハタA VS 田名  ○6対2 〔予選リーグ〕
 3年生みんなに今日の試合で自分がしたいプレー、チームの為のプレーの2点をあらかじめ考えさせて試合に臨みました。この2点が出来るよう、出来たら新しく考えさ、出来たときの達成感を沢山味わってもらいたいです。出来なかったら私の所へ聞きにくるような体制を取りたいと思いますので、父兄様も協力をお願いします。
 私がみんなに試合でしてほしいこと、声をしっかり出してプレーできたか、声を出せない子供が多いように感じるから、まずは声を出すことから始めようとみんな積極的に出せていたと思います。
 大会の初戦、緊張からか始めは動きが硬かったですが、硬さが取れてからは個々がやろうとしていることが良い方向に行き、2試合共ナイスゲーム内容でした。
 次はトーナメント戦この勢いのまま、戦います。父兄様、応援ありがとうございました。次戦も沢山の応援をよろしくお願いします。

5月21日(土)・・・交流戦(イエロー)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:下磯部大凧広場グランド

4試合結果 ミハタVS宇津木SC ○3対0 ○2対0 ○4対2 X1対3
 暑い日の試合でしたが、暑さに負けないようプレー出来るか話をして試合に挑みましたが、
思った以上に頑張ってプレーしてくれたと思います。
 得点までの形をもっと作れると楽しいサッカーが出来ると思います。
子供たちに考えさせたことが、最後の試合では負けはしましたが出せたこと得点できたことは褒められる点です。アジサイカップまでチームの気持ちを高めてみんなでひとつになり戦いたいと思います。
 ご父兄様のご声援、子供たちの力になりますので今後ともよろしくお願いします。
 意見等ありましたら気軽に声をかけてください。待っています。

5月21日(土)・・・交流戦(ブルー)の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:下磯部大凧グランド

<vs 宇津木FC> (11制)
△ 1試合目 ミハタvs宇津木FC  1対1
△ 2試合目 ミハタvs宇津木FC  1対1
△ 3試合目 ミハタvs宇津木FC  2対2
△ 4試合目 ミハタvs宇津木FC  0対0
X 5試合目 ミハタvs宇津木FC  1対5
 失点はしたもののかたちは悪くなく最後まで諦めない気持ちをもって4試合通して気持ちも切れず頑張っていたと思います。あじさいカップに向けてポジションや連携プレーを練習や交流戦で確認していき得点力や失点に繋がるところでもっと子供たちの中で声を出し合いチームとしてまとまっていきましょう!!!
ブルーはキーパー不在です。
皆で交代であじさいカップに挑むことになりますがチーム一丸となって公式戦(あじさいカップ)を上位目標に挑みましょう!!!

5月8日(日)・・・交流戦(vs相東)の観戦記

担当:梅澤 学 場所:下磯部大凧広場グランド


3A対相東 4対0 3対1
3B対相東 1対2 2対1
 暑い中応援ありがとうございました。これから細かい支持をだしながらチームを作っていきますのでよろしくお願いします。ゴールできるチームを作りたいのでシュートの正確性をもっと練習で磨き、あじさいカップでA、B共好成績収められてみんなで喜びたいです。
 これから暑くなりますのでしっかりとしたプレーができるよう教えていきます

4月3日(日)・・・小山FC戦の観戦記

担当:梅澤 学 場所:小山FCグランド

 新学年になって、初の試合です。あじさいカップに向けて大切な交流試合です。
 相手は、初めて交流させていただく“小山FC”さんです。個人技もしっかりしていてまとまりのある良いチームでした。
 試合前、ボールサイドに寄ってしまうチーム状況を考えスリータッチ程度でボールを繋ぐ意識をもたせ、ボールの受け方、前を向いてプレーするなど注意点と目標を持たせ試合に挑みました。まだまだもたつく場面も多く、プレッシャーのかかる場面でのプレーに落ち着きが足りなく思いましたが意識をもって戦えたように思います。
 この先の市内大会を視野に入れ、芯のあるチームに育ってほしいと感じます。
 主な対戦 3年1班 ミハタ0-1小山FC  ミハタ1-1小山FC ミハタ2-1小山FC
      3年2班 ミハタ1-1小山FC  ミハタ0-2小山FC

3月30日(月)・・・六会湘南台戦の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:境川遊水池公園

 3月11日(金)東日本大震災により多くに犠牲者がでました。今なお行方不明者・避難者がいる中、各チームが自粛しているなか六会湘南台さんご協力を得地震発生以来始めての交流戦でした。
 3年生は全試合今までやったことのないポジションをすることで子供達の動きを見ることが出来ました。課題が多く残る内容でした。ここ何回かの練習・交流戦で各コーチとも話し合い選抜チームを決めていきたいと思います。
 あじさいカップの前まで残り少ない中で子供達がアピールして上を目指してもらいたいとおもいます。

3月6日(日)・・・交流戦の観戦記

担当:辻 雄卓 場所:下磯部大凧広場グランド

○1試合目 ミハタvs鳶尾  5対1
○2試合目 ミハタvsTips  2対0 
○3試合目 ミハタvs東住吉 3対0
 1試合目鳶尾戦、2試合目Tips戦ともにフィールド内での声がでていなく、またマークが外れることが多く相手選手がフリーの場面がありました。そして、スペースをうまく使えていなく崩して得点も見られませんでした。慌てて適当なキックも目立ちました。
 3試合目の東住吉戦前に三角形(△)を作ることにより「ワンツー」やDFを崩すことができる「数的に有利」で「周りを見て慌てずプレーすることができる」ことを話しました。東住吉戦でではオフサイドになってしまいましたが、いい形で崩してシュートで終わることが出来たことが大きな成果でした。
 次の練習や交流戦では早い段階でボールを回すことや、声を掛け合うことで味方同士の連携をもち失敗を恐れずに、練習試合ではチャレンジしていきましょう!!!

3月5日(土)・・・3年生交流戦の観戦記

担当:梅澤 学 場所:下磯部大凧広場グランド

○ミハタvsフトゥーロ 4対1
 攻めに関して、ゴール前のダイレクトプレーやそこからの再度攻撃からのシュートを意識するよう指示しました。再度からの崩し・ダイレクトプレーもまだ課題の残る内容でした。つぎには各自がもっと意識してプレーするよう指示しました。
 フトゥーロはドリブルがうまく元気も良い纏まりのあるチームでした。
○ミハタvs中野島 3対1
 「ファーストタッチ」「一対一DF」「カバーリング」を指示し試合に挑みしたが相手のプレーシャーが速く雑なプレーが目立ちました。もっと声を出すことによって味方同士の確認がとれ余裕をもってプレーすることが出来ると思います。
 サッカーはチームプレーなので、お互いが助け合うプレーを心がけて欲しい!!!
 また、中野島という個々の能力の高い良いチームとプレーすることにより、子供たちにとって良い経験となったのではないでしょうか!!
○3試合目 ミハタvsフトゥーロ 1対0
○4試合目 ミハタvs中野島   2対4
○5試合目 ミハタvs中野島   3対0

2月13日(日)・・・2年生交流戦トーナメント観戦記 優勝そして、中山未咲さんの初ゴールと優秀選手賞 おめでとう!!

担当:三畑 義昭 場所:下磯部大凧広場グラウンド

○2年生イエローチーム ミハタVS福田SC 5-0
 試合前《ファーストタッチ》をきちんとすることで周りを見てプレシャーが早くても慌てずプレーをしてサイド展開から崩していく事をコンセプトに! 
前半慌てたプレーが目立ったが、何度か良い形で崩し2-0で折り返しました。
 後半は声をもっと掛け合い視野(顔を上げて周りを見る)を広げ慌てず余裕をもったプレーをしよう!また、味方のプレーに対してドンマイと声をかけチームで戦っていることも… 
後半にも良い形崩す場面や“ミサキ”の選抜チーム初ゴールもあり5-0と次の決勝戦へ繋ぎました。
○2年生イエローチーム ミハタVS六会湘南台 2-0
 いよいよトーナメント決勝戦!プレッシャーが速くバタバタ慌てたプレーが目立ちましたが崩す場面等良いところと「慌てずプレーする為には」と課題を残すものの、見事!! 優勝!!
これで慢心することなく、次の試合ではもっと良いプレーを期待です。

1月16日(日)・・・SFAカップサッカー大会イェロー結果報告

担当:菅原 薫、梅澤 学 報告:三畑 義昭 場所:谷口台小学校

SFAカップ1回戦    ミハタ2-0共和 得点者 カイ①ダニエル①
      2回戦    ミハタ3-0南JFC 得点者 ソラ②ダニエル①
サイドからの攻撃も決まりやりたい事ができたようです。
初戦は、少し心配しちゃいましたが、子供達は焦らず慌てずプレーできたようです。
見事2回戦突破!!ベスト8進出です。
優勝まであと3勝! ブルーチームの分も頑張って!!